166514

[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿認証 (右の数字を入力) 投稿キー
文字色
瀬戸の花嫁群の採蜜 投稿者:HIRO 投稿日:2015/07/11(Sat) 19:12 No.479

美しい瀬戸内海を一望できる先輩宅に、採蜜作業のご指導で出掛けた。

Re: 瀬戸の花嫁群の採蜜 - HIRO 2015/07/11(Sat) 19:15 No.480
敷地の斜面を下ったところに、昨年嫁がせた瀬戸の花嫁群が生息している。
この斜面には、柿・桃・ミカン・ぶどう・キウイ・イチジクなど多くの果樹が植えてある。


Re: 瀬戸の花嫁群の採蜜 - HIRO 2015/07/11(Sat) 19:30 No.481
今回の採蜜作業もご自分で実践してもらうことにした。
先ずは巣箱の上部をコンコン叩き、重箱の切り離し順序を説明し、いざ決行!


Re: 瀬戸の花嫁群の採蜜 - HIRO 2015/07/11(Sat) 19:39 No.482
花粉も育児圏も一切混じらない、純粋ハチミツの蜜巣が現れた。


Re: 瀬戸の花嫁群の採蜜 - HIRO 2015/07/11(Sat) 19:46 No.483
巣箱の上部を切り取ると多くの蜂が巣門から溢れ出てきた。
これも瀬戸の花嫁が順調に生息している証しである。


Re: 瀬戸の花嫁群の採蜜 - HIRO 2015/07/11(Sat) 19:48 No.484
一年目を我慢し、二年目に採蜜したご褒美の瞬間である。



蜂児捨て群、その後 投稿者:HIRO 投稿日:2015/06/29(Mon) 23:07 No.471

ゴールデンウィークに待ち箱で捕獲した群。
この群は捕獲段階で蜂児捨てが起きていた。

蜂児捨てを観察するために家に持ち帰ったのが一ヶ月前。
今回、久々に留守宅に帰省できたので、その群の様子を観察してみた。

Re: 蜂児捨て群、その後 - HIRO 2015/06/29(Mon) 23:31 No.472
少数ではあるが巣門に蜂児が捨てられている。
捕獲してから二ケ月経過しているが、蜂児捨ては治まっていないようである。

移動することで生息環境が変わるので、期待をしたがこの策に効果はなかったようである。


Re: 蜂児捨て群、その後 - HIRO 2015/06/29(Mon) 23:39 No.473
以前、私なりに手持ち群を用いて蜂児捨ての犯人が何であるかを確認したが、
その結果、ウイルス説を有力視している。

この症状を見ていて気がついたことは、蜂児死亡は幼虫だけに起こる現象であり、
成虫は死亡していないことである。

腐蛆病は「2日齢以内の蜂児が病原体(芽胞)を含む餌を摂取したときに、1〜5日齢幼虫の時に発症し死亡するが、
3日齢幼虫以降に病原体を摂取しても発症することはない」ということであり、正にこの症状に合致する。


Re: 蜂児捨て群、その後 - HIRO 2015/06/30(Tue) 14:17 No.474
蜂児捨てで若蜂が育たないということは、この群はいずれ消滅の運命をたどることになる。
座して待つよりは、ダメ元で「何かをした方が良い」に決まっている。

ということで、いまアカリンダニで話題のウイルスガードを試してみることにした。
犯人がウイルスとなれば、この薬品の名に期待するところだが、効果や如何に!


Re: 蜂児捨て群、その後 - HIRO 2015/06/30(Tue) 14:32 No.475
投入後 数時間経過したが、薬品の臭い等による逃去の兆しは特に見られない。

この結果は、次回帰省予定の1ヶ月先になるであろう。


Re: 蜂児捨て群、その後 - HIRO 2015/07/11(Sat) 18:54 No.477
さらに、二週間後の様子

蜂児捨ては見られない。
親蜂はセッセと蜜集めに出掛けている。
巣門に働き蜂が出て、羽を震わせ蟻を掃っている。

しかし、花粉の運び込みは未だ見られない。
この時点でウイルスガードの効果を判断するのは尚早である。



瀬戸内海を展望する群 投稿者:HIRO 投稿日:2015/06/21(Sun) 14:24 No.466

ここは、美しい瀬戸内海を展望できる高台に建つ先輩宅。

Re: 瀬戸内海を展望する群 - HIRO 2015/06/21(Sun) 14:25 No.467
その敷地から数十メートル下ったところに家主の蜂場がある。


Re: 瀬戸内海を展望する群 - HIRO 2015/06/21(Sun) 14:27 No.468
この巣箱は年越し2年目群で、昨年この先輩に差し上げたもの。
蜂箱の清掃や分蜂捕獲のご指導で訪問した。


Re: 瀬戸内海を展望する群 - HIRO 2015/06/21(Sun) 14:29 No.469
作業が終わった後にケーキとコーヒーでお茶タイムをしながら、
・分蜂群が近くの木に蜂塊をつくるかもしれないこと
・その時の捕獲方法
・キン付き待ち箱での捕獲方法
などについてご指導し、友人宅を後にした。


閑話休題 投稿者:HIRO 投稿日:2015/06/13(Sat) 20:41 No.461

睡蓮鉢のボウフラ対策として、メダカを三匹入れてみた。

Re: 閑話休題 - HIRO 2015/06/13(Sat) 20:44 No.462
な・なんと…
子メダカが生まれているではないか(@g@;)
ひい・ふう・みい・新たな命が全部で10匹誕生していた。


Re: 閑話休題 - HIRO 2015/06/13(Sat) 20:48 No.463
親メダカをこちらに移したのが功を奏したようだ。
そのままだと食べられていたかもしれない。


Re: 閑話休題 - HIRO 2015/06/13(Sat) 20:51 No.464
親メダカも元気にしているようだ。
あれ?いつのまにか錦メダカになってるよ。


年越し群の採蜜準備 投稿者:HIRO 投稿日:2015/06/06(Sat) 16:04 No.453

捕獲1年目群からは採蜜しない。
採蜜は2年目群から行う。

ゴールデンウィークに4段積みにし、梅雨明け7月初旬に採蜜予定である。

Re: 年越し群の採蜜準備 - HIRO 2015/06/06(Sat) 16:06 No.454
これも同じ蜂場の年越し群。
どれも強群で4段積みにしておいた。


Re: 年越し群の採蜜準備 - HIRO 2015/06/06(Sat) 16:15 No.455
春先に仕掛けたスズメバチトラップ。
多くのスズメバチが引っ掛かっていた。
これもゴールデンウィークに液の入替えをしておいた。

次回、ここに出向くのは1ヶ月後で、採蜜作業を予定する。



'2015捕獲群の蜂場設置 投稿者:HIRO 投稿日:2015/06/01(Mon) 20:47 No.442

日曜日の夕刻には赴任先に戻るので、蜂場の受入準備と移動で、
てんてこ舞いである。
夜は9時まで、朝は4時起きで入居群を蜂場に移動した。


その1

Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 20:49 No.443
その2


Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:43 No.445
その3

蟻が来ていたので、タライに水を敷いて^^ゞ


Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:45 No.446
その4

Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:46 No.447
その5

移動した翌日、この右下にマムシちゃんが…^^;


Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:48 No.448
その6


Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:49 No.449
その7

Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:51 No.450
その8


Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 22:52 No.451
その9

Re: '2015捕獲群の蜂場設置 - HIRO 2015/06/01(Mon) 23:00 No.452
その10

あと1群が未回収であるが、次回の帰省で行うことにした。


'2015捕獲総決算 投稿者:HIRO 投稿日:2015/05/29(Fri) 21:52 No.432

ゴールデンウィークから一ヶ月ぶりの帰宅である。
前回、待ち箱を14ヶ所に設置しておいたが、結果は如何!

先ずは、自宅に設置したキンリョウヘンには姿を現さないので
自宅周辺には一切いないことが判明。

Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:22 No.433
沈黙の春を予感しながら、待ち箱の入居有無の確認と撤収に出掛けた。


Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:26 No.434
ゴールデンウィークの捕獲と合わせると、3群目の捕獲である

Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:28 No.435
4群目の捕獲である
今回の捕獲群の中で一番重量があり、かなり貯蜜が進んでおり
早々に継ぎ箱が必要である。


Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:29 No.436
5群目の捕獲である
この入居群をしばらく観察してみると、巣門先には蜂児捨て症状が見られ
蜂場に持ち込むことは止めて、自宅で観察することにした。


Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:30 No.437
6群目の捕獲である
これは蜂場に置いたもので、分蜂群が入居したものと思われる。


Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:31 No.438
8群目の捕獲である

Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:33 No.439
9群目の捕獲である
これは多くの蜂が出入りしているので、強群からの分蜂入居と思われる。


Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:35 No.440
10群目の捕獲である

Re: '2015捕獲総決算 - HIRO 2015/05/29(Fri) 22:45 No.441
11群目の捕獲である。

今年の捕獲決算は14ヶ所に設置し、11ヶ所の入居成績なので、
捕獲率は78%ということで、まぁまぁの成果である。


宴の終わり 投稿者:HIRO 投稿日:2015/05/06(Wed) 20:12 No.427

ゴールデンウィークも終わり、企業戦士の宴も終了した。
宴の後片づけとして花盛りのキン花をカットし、池の中で養生させる。

Re: ランの植え替え - HIRO 2015/05/06(Wed) 20:16 No.428
勢いが弱いキンリョウヘンの株分けをした。
根はグルグル巻きに絡み合っている。


Re: ランの植え替え - HIRO 2015/05/06(Wed) 20:35 No.429
植え替え用土は「洋ラン土」「鹿沼土」「腐葉土」を混ぜ合わせたもの。


Re: ランの植え替え - HIRO 2015/05/06(Wed) 20:38 No.430
絡み合った根をほぐし、枯れた根は取り除く。
根元には葉芽が覗いている。


Re: ランの植え替え - HIRO 2015/05/06(Wed) 20:43 No.431
2鉢から、6鉢の株分けが出来上がった。


待ち箱捕獲群 投稿者:HIRO 投稿日:2015/05/04(Mon) 22:09 No.424

設置した待ち箱の確認に出向いてみた。
現地では、箱自体が有るかを確認してホットする。


Re: 待ち箱捕獲群 - HIRO 2015/05/04(Mon) 22:20 No.425
入居を確認して一旦この場を離れ、薄暗くなってから箱を移動する。
今夜は二群、蜂場に移動した。



Re: 待ち箱捕獲群 - HIRO 2015/05/04(Mon) 22:26 No.426
取り付けておいた切り花キンリョウヘンは、分蜂熱で黒っぽくなっている。
待ち箱への直接入居ではなく、一旦キンリョウヘンに取り付いてから
入居したものと思われる。


今日の蜂 投稿者:HIRO 投稿日:2015/05/03(Sun) 00:22 No.421

椎木の花が山肌を黄色く染めている。
青と緑と黄色のコントラストが綺麗である。

Re: 今日の蜂 - HIRO 2015/05/03(Sun) 00:25 No.422
今日は蜂場の草刈をしてみた。
暖かくなると草の伸びが早い。


Re: 今日の蜂 - HIRO 2015/05/03(Sun) 00:26 No.423
巣門には蜂が増え羽音が賑やかである。


ゴールデンウィーク 投稿者:HIRO 投稿日:2015/04/30(Thu) 21:27 No.416

企業戦士は今日から6日間のゴールデンウィークなのだヽ(^^)/

このゴールデンウィークに合わせて咲かせたキンリョウヘン。

Re: ゴールデンウィーク - HIRO 2015/04/30(Thu) 21:30 No.417
早速に切り花にして蜂捕獲に使用する。


Re: ゴールデンウィーク - HIRO 2015/04/30(Thu) 21:43 No.418
切り花を2本ペットボトルに挿してネットを被せる。

Re: ゴールデンウィーク - HIRO 2015/04/30(Thu) 21:53 No.419
待ち箱に切り花キンリョウヘンを取り付けた。

Re: ゴールデンウィーク - HIRO 2015/04/30(Thu) 22:00 No.420
取り付け直後に探索蜂が三匹訪れ、
即リーチのようである(^^)v


今春の捕獲準備 投稿者:HIRO 投稿日:2015/04/19(Sun) 07:55 No.409

いまだに企業戦士をしており、一か月ぶりの帰宅である。
捕獲準備は何もできていなかったので、忙しく待ち箱を準備した。

先ずは、古巣箱を分解し、釘のゆるみを直し、バーナーで焙って、汚れを落とし、
箱を組み立て、ミツロウを塗り直し、設置文を貼り付け、
18セットを完成し、さあ Let's go!


Re: 今春の捕獲準備 - HIRO 2015/04/19(Sun) 07:59 No.410
自宅から十数キロ離れた蜂場近くの風景を撮ってみた。

せせこましい日常から離れ、心穏やかなる時空への入り口である。
人生には楽園が必要なのだ!^^


Re: 今春の捕獲準備 - HIRO 2015/04/19(Sun) 08:08 No.411
先ずは蜂場に出向いて、底板の取り替えをしようと…
ゲッ!(@g@;) 未だ冬季対策の菰が巻かれたままになっている。


Re: 今春の捕獲準備 - HIRO 2015/04/19(Sun) 08:12 No.412
ということは…巣門も狭めたまま
ミツバチたちは忙しく働いおり、狭い巣門に混雑している。


Re: 今春の捕獲準備 - HIRO 2015/04/19(Sun) 08:18 No.413
いつも春先に底板を取り替えて掃除をする。
巣の削りカスはミツバチたちが清掃して、底板の汚れは意外と綺麗であった。


Re: 今春の捕獲準備 - HIRO 2015/04/19(Sun) 08:35 No.414
春バージョンの巣門になったことで、ミツバチたちも快適に蜜集めができるであろう。
草刈りもしたかったが限られた時間内なので、待ち箱を二個設置してこの蜂場を後にした。

この日の走行距離は百kmを超えており、東西南北グルリ見回った感想は
「沈黙の春かもしれない」ということである。
回った先の地主さんからは「最近は蜂を見かけないねぇ」と言われた…
が、4日後の悪天候明けには「蜂が通っているよぉ〜」との連絡が入った ヽ(^^)/




キンリョウヘン室内取り込み 投稿者:HIRO 投稿日:2015/01/25(Sun) 15:33 No.405

冬季のキンリョウヘンは、ビニールを掛けて長屋の軒先に置いてある。

キンリョウヘン室内取り込み - HIRO 2015/01/25(Sun) 15:39 No.406
野外のものより早咲きさせる為に、この時期にキンリョウヘンを室内に取り込みする。



キンリョウヘン室内取り込み - HIRO 2015/01/25(Sun) 15:45 No.407
根元を見ると花芽が覗いており、これは赤花キンリョウヘンであることが確認できる。


キンリョウヘン室内取り込み - HIRO 2015/01/25(Sun) 15:59 No.408
これまでは母屋の縁側に取り込んでいたが、今回は長屋の二階に置いてみた。
ここは日当たりが良好なので加温が進み、野外よりは開花が早まるであろう。


キンリョウヘン室内取り込み - HIRO 2015/04/30(Thu) 21:11 No.415
ゴールデンウイークには予定どおり開花した。


ニホンミツバチ蜂児捨て原因の同定 投稿者:HIRO 投稿日:2015/01/12(Mon) 23:02 No.403

ニホンミツバチの蜂児捨ては九州最南端から発症し、その後九州全域に被害を及ぼし、
近年は本州を北上しており、中国地方を経て現在は近畿地方へと被害が拡大しつつある。
この蜂児捨ての被害は、空気のごとくスゥ〜っと入り込んで地域全体を被いつくすイメージで、
蜂児捨ての起こった翌年には、ミツバチを一切見掛けなくなる状況をもたらす。

蜂児捨ての原因については農薬説など様々な仮説があるが、どれも私の考えには当てはまっていない。

私は過去に蜂児捨ての原因を探る為、蜂児捨ての再発テストを行ってみたことがある。
Q1.蜂児捨ての群を、新しい巣箱に入れ替えたらどうなるか
Q2.蜂児捨てのあった巣箱に、健全群を営巣させたらどうなるか
Q3.蜂児捨てのあった営巣を、そのまま他群が引き継いだらどうなるか
結果は、どの方法も再発したことから、原因は細菌かウイルスではないかと考えている。

今回、同定されたものは「ヨーロッパ腐蛆病」とのことで、この症状は私が経験した内容に合致する。
「ヨーロッパ腐蛆病」は家畜伝染病予防法に指定されており、対処は焼却処分しかないようである。
ただ、被害が県下全域に及ぶことを考えると、今回同定されたものが全てではないように思える。

日本列島の下からは「蜂児捨て」、上からは「アカリンダニ」が拡大しつつあり、
人の手による他県からの移動は、感染を急速に広めることになるので慎むべき行為である。

また、ニホンミツバチの蜂群をネット販売するサイトを見かけることがあるが、感染を拡散させることを考えぬ
エゴイストに何をか言わんやである。

Re: ニホンミツバチ蜂児捨ての同定 - HIRO 2015/01/18(Sun) 12:29 No.404
ニホンミツバチの飼育届けをすると、ミツバチ飼育に関する情報が送られてくる。
2013年に送られてきた家畜衛生保健所の資料に、「ヨーロッパ腐蛆病」が発生したことが書かれていた。

「アメリカ腐蛆病」の症状は過去にネットで見たことがあるが、私が経験した蜂児捨てとは症状が異なっていたので、
腐蛆病ではないと思ってしまった。
今回改めて調べてみると、腐蛆病といえども「アメリカ腐蛆病」「ヨーロッパ腐蛆病」とは別物であることが判った。

当地の家畜衛生保健所から以前もらった資料を見直してみると、これには「ヨーロッパ腐蛆病」と書かれているので、
2013年には家畜衛生保健所も蜂児捨ての原因を同定していたことになる。

ニホンミツバチ飼育届けの見返りに得られる情報も、まんざら捨てたものではないようだ。


ゆく年くる年 投稿者: 投稿日:2015/01/01(Thu) 00:14 No.401

新年あけましておめでとうございます。

本年も「二ホンミツバチの楽園」のご愛顧をお願い申し上げます。

Re: ゆく年くる年 - 2015/01/05(Mon) 19:40 No.402
野山の材料で、手作り門松を作ってみましたぁ^^

昨年は自然災害や熊さん被害に遭い、ミツバチにとっては不運な年でした。
今年はそろそろ企業戦士を卒業し、二ホンミツバチとの関わりを
さらに深めたいと考えています。



巣箱用重箱板 投稿者: 投稿日:2014/11/30(Sun) 18:20 No.397

重箱用にカットした板を焼いた。

板を焼く理由は、材木の臭いを断つこと
二つ目は、粗挽き面の棘を滑らかにすること

Re: 巣箱用重箱板 - 2014/11/30(Sun) 18:24 No.398
板を焼く作業は、単身赴任先マンションの玄関先で行う。


Re: 巣箱用重箱板 - 2014/11/30(Sun) 18:31 No.399
板はなるべく節の無いものを選別する。


Re: 巣箱用重箱板 - 2014/11/30(Sun) 18:37 No.400
焼き板60枚で、重箱15段分の板ができた。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -