188910

[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿認証 (右の数字を入力) 投稿キー
文字色
ジャストタイミング 投稿者:HIRO 投稿日:2018/07/03(Tue) 11:17 No.1111

蜂場の草刈りに出掛けた。

ここの蜂場には5群置いてある。

Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:27 No.1112
草刈り機でバリバリ刈っていると、なんじゃこりゃあ!

Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:30 No.1113
急遽、巣箱を取りに自宅にとんぼ返り。

Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:32 No.1114
これは反対側の様子。

おおっ!(@g@;) た・大群だぁー。


Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:39 No.1115
蜂群の塊に巣門部を当てると、蜂チェーンを組んだ橋渡しで
チョロチョロと巣箱に入って行く。


Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:43 No.1116
大群なのでチョロチョロの入居では時間が掛かるので、
バッサリと掬って巣門に流し込む。


Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:45 No.1117
草刈りをしながら残り蜂の入るのを待ち、捕獲群の仮設置をした。

Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:48 No.1118
大群なので二段の巣箱では狭いみたいで、一旦収まった蜂が
巣門から溢れ出ている。


Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:52 No.1119
ホームセンターでブロックを買い、巣箱も三段積みで設置した。

今回の捕獲群は分蜂ではない、これほど大きな群は逃去である。

たまたま草刈に出掛けたこともあり、台風が襲来していることもあり、
ジャストタイミングな捕獲であった。


Re: ジャストタイミング - HIRO 2018/07/03(Tue) 11:57 No.1120
どの群からの逃去であろうか?
前回採蜜した群は、このとおり巣門から溢れた状態なのだが…


蜂蜜の瓶詰め 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/30(Sat) 10:16 No.1107

今回採蜜した蜂蜜の瓶詰めを行った。

Re: 蜂蜜の瓶詰め - HIRO 2018/06/30(Sat) 10:20 No.1108
妻曰く「口の中で花の香りがファーと広がる」と言わしめた優れもの。

私自身も過去に一度味わったことのあるこの味。
以前から究極の蜂蜜を求めていたが、今回は自慢の一品に巡り合うことができた。


Re: 蜂蜜の瓶詰め - HIRO 2018/06/30(Sat) 10:36 No.1109
中央の大きな瓶は、蜂蜜550g入りの瓶。

通常は350g瓶を扱っているが、今回550gのご注文があり特別に対応した。
今回の採蜜まで御待ち頂いた甲斐があった。


Re: 蜂蜜の瓶詰め - HIRO 2018/06/30(Sat) 10:39 No.1110
瓶詰めした蜂蜜を専用の保管庫に収めた。

この保管庫、外気温を遮断するどこの家庭にもある優れもの。
新品の冷蔵庫を保管庫として、電気を入れずに使うことにした。


蜜蝋採り 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/29(Fri) 07:38 No.1103

先に採蜜した蜜巣の搾りカスから、蜜蝋採りを行った。

木綿の晒で作った袋に搾りカスを入れ、沸かした鍋の中で蜜蝋を絞り出す。

Re: 蜜蝋採り - HIRO 2018/06/29(Fri) 07:44 No.1104
沸かしたお湯の中に、まっ黄色な蜜蝋が溶け出してくる。

晒の袋は二重に縫ってあるので、汚れた巣クズは袋の中に残り、
濾された蜜蝋だけが出てくる。


Re: 蜜蝋採り - HIRO 2018/06/29(Fri) 07:46 No.1105
外の流し台に水を張り、お湯を冷まして蜜蝋を固める。


Re: 蜜蝋採り - HIRO 2018/06/29(Fri) 07:49 No.1106
まん丸お月様が出来上がり、粗漉した蜜蝋が採取できた。


越年群2度目の採蜜 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/27(Wed) 22:16 No.1096

前回未採蜜だった群の、今年2度目の採蜜を行った。

Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:25 No.1097
天蓋を切り取ると、いつものことながら多くの蜂が溢れ出てくる。


Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:30 No.1098
今年2度目の採蜜でありながら、育児痕のない真っ白な貯蜜巣である。

Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:33 No.1099
切り取った巣箱はタライに乗せ、持ち帰るナイロン袋がベトベトにならぬよう、
切り口にはラップを掛ける。


Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:38 No.1100
小雨の降る中、他の蜂場の1群も採蜜を行った。

どの群も全て蓋掛けされた完熟蜜である。


Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:44 No.1101
4段積みを1段切り取って、3段になった採蜜後の様子。

何事もなかったかのように、この蜂場を後にした。


Re: 越年群2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/27(Wed) 22:49 No.1102
これは前回採蜜した群で、その後の様子を載せてみた。

4段から3段にした為か? 蜂が外に溢れ出ていた。


蜂蜜販売 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/25(Mon) 22:27 No.1093

楽園ショップを停止してから久しいが、自分時間を持てるようになったこともあり、
はちみつ販売を再開することにした。

初夏蜜の自慢の一品が採れたので、楽園の蜂蜜ショップで売り出しを開始した。
早速に2個口の注文が入ってきたので、明日には発送を行う。

同じ時期、同じ場所、同じ飼育 でも、蜂が別群であれば自然からの恵みは
「色合い」「風味」とも一つとして同じものはない。

今回は2個口の注文なので、あえて違う色の蜂蜜をお送りした。

Re: 蜂蜜販売 - HIRO 2018/06/25(Mon) 22:34 No.1094
蜂蜜入りの瓶は梱包材のエアーマットで二重に包み、箱内の隙間は
クッション材に新聞紙の詰め物をした。



Re: 蜂蜜販売 - HIRO 2018/06/25(Mon) 22:37 No.1095
蜜瓶が二個入る大きさの箱を購入しに出掛けたが、縦・横・高さが合う箱が見つからず、
箱を二個買って上下合わせたものをこしらえた。

準備完了で明日には発送できるので、楽しみにお待ち頂きたい。


陶芸 & 海釣り 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/23(Sat) 20:57 No.1090

ランプシェード3作品目の製作で、この四日間 陶芸に没頭してみた。

作品の模様は、地元観光名所の錦帯橋と桜の花びらを描いてみた。

粘土色はグレーだが、素焼きで白地になる「信楽」を使用し、
地肌をマーブルにする試みで「大道土」を混ぜ合わせてみた。

Re: 陶芸 & 海釣り - HIRO 2018/06/23(Sat) 21:11 No.1091
陶芸の合間に海釣りに出掛け、前回と同様に波止場から真鯛を狙ってみた

今回は残念ながら真鯛ではなく、黒鯛の38cmが釣れた。


Re: 陶芸 & 海釣り - HIRO 2018/06/25(Mon) 08:54 No.1092
第二段のハチミツ瓶詰めを行った。
あれやこれやと多趣味なので忙しい。

混ざり物の一切ない透き通った蜂蜜である。
糖度も80度で申し分ない。


ハチミツ瓶詰め 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/18(Mon) 21:21 No.1085

ハチミツの瓶詰め作業を早速に行った。

先ずは蜜巣のハチミツを粗漉で採取する。

Re: ハチミツ瓶詰め - HIRO 2018/06/18(Mon) 21:26 No.1086
粗漉した蜜を、さらにきめ細かく濾しながら瓶詰めを行う。

Re: ハチミツ瓶詰め - HIRO 2018/06/18(Mon) 21:30 No.1087
混ざりものを一切許さない、こだわりのハチミツなのだ。

Re: ハチミツ瓶詰め - HIRO 2018/06/18(Mon) 21:31 No.1088
まさに黄金蜜である。

Re: ハチミツ瓶詰め - HIRO 2018/06/18(Mon) 21:41 No.1089
糖度は80度あり、申し分ない。

今年2度目の採蜜 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/17(Sun) 21:03 No.1078

採蜜具を積み込んで、今年2度目の採蜜に出掛けた。

Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:06 No.1079
採蜜対象は越年群で、前回の採蜜から二ヶ月半経過している。

Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:12 No.1080
越年群は四段積みにしてあるので、貯蜜圏の最上段を切り取るのみ。


Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:16 No.1081
天板を切り取るとゾロゾロと蜂が溢れ出てくる。

溢れ出た蜂の多さから強群であることが分かる。


Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:20 No.1082
花粉圏、育児圏、スムシ、一切無い蜜巣である。

2度目の採蜜なので、巣板は育児痕で黒っぽくなっている。


Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:31 No.1083
蜂は溢れ出たままであるが、三段積みにしてこの蜂場を後にした。

Re: 今年2度目の採蜜 - HIRO 2018/06/17(Sun) 21:34 No.1084
この越年群も採蜜した。
ハチミツ瓶詰め作業上、本日の採蜜は二群に留めおいた。

これから随時、越年群を採蜜していく。


スズメバチトラップ 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/15(Fri) 21:48 No.1074

スズメバチトラップの溶液補充で、久々に蜂場を回ってみた。

どの蜂場も盛んに出入りしており、全群の健在を確認した。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/06/15(Fri) 21:50 No.1075
ここには4群置いてあり、スズメバチトラップは3個仕掛けてある。


Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/06/15(Fri) 21:54 No.1076
ここの蜂場付近には、かなりの数のオオスズメバチが生息しているようだ。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/06/15(Fri) 22:05 No.1077
トラップ溶液の入れ替えを終え、この蜂場を後にした。

ランプシェード 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/12(Tue) 19:05 No.1071

孫娘への贈り物に「ランプシェード」を作ってみた。

Re: ランプシェード - HIRO 2018/06/12(Tue) 19:08 No.1072
孫娘の好きな図柄にしてみた。

Re: ランプシェード - HIRO 2018/06/12(Tue) 19:18 No.1073
反対面の図柄である。

これから、乾燥→素焼き→釉薬掛け→本焼き、工程を経て完成に至る。


陶芸完成作品 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/10(Sun) 20:33 No.1065

今年3月から始めた陶芸の完成作品を載せてみた。

処女作品の「湯呑み」である。

粘土は「大道土」を使い、釉薬は「黄瀬戸+ワラ白」が塗ってある。

Re: 陶芸完成作品 - HIRO 2018/06/10(Sun) 20:35 No.1066
2作品目の「兜」である。

粘土は「大道土」を使い、釉薬は「黄瀬戸」が塗ってある。
角の部分に、黄色の水彩絵の具に釉薬を混ぜたものを塗ったが、色が出ていない。


Re: 陶芸完成作品 - HIRO 2018/06/10(Sun) 20:37 No.1067
3作品目の「皿」である。

粘土は「古信楽」を使い、表面にザラザラ感を出してみた。
釉薬は下地が「黄瀬戸」で、緑色に「織部」を使っている。


Re: 陶芸完成作品 - HIRO 2018/06/10(Sun) 20:39 No.1068
4作品目の「アンパンマンカップ + 兜」である。

粘土は「信楽土」を使い、釉薬は「黄瀬戸」が塗ってある。

角の部分は「石灰4号」を塗って白色を出し、鼻や頬っぺの部分は
水彩絵の具に釉薬を混ぜたものを塗って赤色を出している。


Re: 陶芸完成作品 - HIRO 2018/06/10(Sun) 20:41 No.1069
合体して「アンパンマン兜」と称することにした。

Re: 陶芸完成作品 - HIRO 2018/06/10(Sun) 20:45 No.1070
5作品目の「兜」である。

粘土は「大道土」を使い、釉薬は下地が黄瀬戸で錣の緑色に織部を塗ってある。
角の部分は下地を拭き取り、ワラ白を上塗りしているが白色の出が薄い。

今までは感性で製作していたので、基礎から学ぶ為に
明日は初めての陶芸教室に参加する。


キンリョウヘンの株分け 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/06(Wed) 17:27 No.1057

キンリョウヘンの株分けを2鉢ほど行った。

Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:29 No.1058
根がギッシリと詰まっている。

Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:30 No.1059
取り除いた古い根。

Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:39 No.1060
新たに植え替えする束で株分けする。

Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:41 No.1061
洋ラン土に鹿沼土と腐葉土を混ぜたものを用土にする。

Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:44 No.1062
株分けにより、2鉢のものが13鉢に増えた。


Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/06(Wed) 17:57 No.1063
話しは変わるが、午前中 陶芸に行ってきた。

今回は6作品目の「ランプシェード」を作ってみた。
内側から光源を照らし、幻想的な雰囲気をだせるか楽しみである。

これから、乾燥→素焼き→釉薬掛け→本焼き、工程を経て完成に至る。


Re: キンリョウヘンの株分け - HIRO 2018/06/07(Thu) 19:42 No.1064
またまた話しは変わるが、いつもの波止場に真鯛釣りに出掛けた。

狙いどおり本命の真鯛を釣り上げた。
子持ちの真鯛で、サイズは50cm超えだった。

夕食で「天ぷら」「塩焼き」「煮つけ」「あら汁」にして美味しく頂いた。


越年群の様子 投稿者:HIRO 投稿日:2018/06/04(Mon) 00:02 No.1049

越年群は4段積みにしてある。

越年群、その1

Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:03 No.1050
越年群、その2

Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:04 No.1051
越年群、その3

Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:05 No.1052
越年群、その4


Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:10 No.1053
越年群、その5

屋根裏群は天井につかえるので、3段積みにしてある。


Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:13 No.1054
巣門には蜂が溢れ、強群になっている。


Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/04(Mon) 00:24 No.1055
話しは変わるが、午後から陶芸に行ってきた。

前々回に製作した「兜」と「アンパンマン」の素焼きが完了したので
今回は次工程の釉薬掛けを行った。


Re: 越年群の様子 - HIRO 2018/06/05(Tue) 08:04 No.1056
アンパンマンのカップを顔に見立て、兜を被せる一体型構想なのだ。

釉薬を塗った見栄えはイマイチだが、本焼き工程を終えれば味わいがでる。


捕獲群の継ぎ箱 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/31(Thu) 21:00 No.1032

今年の捕獲群を2段から3段に継ぎ箱を行った。

捕獲群の継ぎ箱、その1

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:02 No.1033
捕獲群の継ぎ箱、その2

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:04 No.1034
捕獲群の継ぎ箱、その3

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:06 No.1035
捕獲群の継ぎ箱、その4

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:07 No.1036
捕獲群の継ぎ箱、その5

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:10 No.1037
捕獲群の継ぎ箱、その6

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:12 No.1038
捕獲群の継ぎ箱、その7

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:13 No.1039
捕獲群の継ぎ箱、その8

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:15 No.1040
捕獲群の継ぎ箱、その9

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:18 No.1041
捕獲群の継ぎ箱、その10

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:20 No.1042
捕獲群の継ぎ箱、その11

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:21 No.1043
捕獲群の継ぎ箱、その12

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:22 No.1044
捕獲群の継ぎ箱、その13

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:24 No.1045
捕獲群の継ぎ箱、その14

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:27 No.1046
捕獲群の継ぎ箱、その15

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/05/31(Thu) 21:31 No.1047
捕獲群の継ぎ箱、その16

Re: 捕獲群の継ぎ箱 - HIRO 2018/06/02(Sat) 16:35 No.1048
捕獲群の継ぎ箱、その17

今年の捕獲数は17 群、捕獲後の逃去数は 0 群である。



再生利用 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/30(Wed) 20:54 No.1025

捕獲群の継ぎ箱が必要なので、スムシに侵された重箱を再生利用する。

Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 20:56 No.1026
スムシに侵食された重箱を解体し、釘を抜いて単品板にする。

Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 21:01 No.1027
単品板の両面をバーナーで炙って、焼くことで消毒代わりにする。
重箱の内側だった面は、スムシの侵食跡が残っている。


Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 21:03 No.1028
内側だった面を外面にして、内側と外側を逆にして組み立て直す。

Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 21:09 No.1029
枠支棒と巣落防止の十字を取り付け、再生重箱の完成である。

Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 21:17 No.1030
今年の捕獲群を継ぎ箱するのに、再生重箱が17個必要である。

Re: 再生利用 - HIRO 2018/05/30(Wed) 21:20 No.1031
内面と外面を逆にして再生することで、ミツバチが居住する内側は綺麗である。

クロガネモチ開花 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/28(Mon) 23:22 No.1021

玄関先にあるクロガネモチの開花を、二ホンミツバチの羽音で気づいた。

Re: クロガネモチ開花 - HIRO 2018/05/28(Mon) 23:26 No.1022
クロガネモチは小さい花なので、近寄ってみないとわからない。

ミツバチの蜜源のために、開花が終了するまでクロガネモチの剪定は行わない。


Re: クロガネモチ開花 - HIRO 2018/05/28(Mon) 23:32 No.1023
二ホンミツバチは小さな花が咲く樹木の、クロガネモチやイヌツゲなどが
お気に入りのようだ。


Re: クロガネモチ開花 - HIRO 2018/05/29(Tue) 20:06 No.1024
話しは変わるが、5作品目の陶芸に行ってきた。
今回も「兜」を製作したが、今までよりは手の込んだものを作ってみた。

成形を終えた「兜」の後ろ姿である。
これから、乾燥→素焼き→釉薬掛け→本焼き、工程を経て完成に至る。


来るもの拒まず 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/26(Sat) 19:42 No.1016

長屋家裏群の巣門蜂が喧嘩しているのを見て、探索蜂の来訪によるものと思い
急遽、家横の擁壁に待ち箱を設置した。

Re: 来るもの拒まず - HIRO 2018/05/26(Sat) 19:44 No.1017
千客万来、来るもの拒まず

翌日の午後三時頃、予想通り飛来してきた。
キン無し待ち箱なので、飛来群は巣門前にベッタリと垂れ下がっている。



Re: 来るもの拒まず - HIRO 2018/05/26(Sat) 19:48 No.1018
垂れ下がった蜂魂からゾロゾロと巣箱内に入って行く。


Re: 来るもの拒まず - HIRO 2018/05/26(Sat) 19:51 No.1019
蜂場は満杯状態なので、急遽 蜂置き場を作りに谷川沿いに出向いた。

谷を渡り杉林を通り、ビールケースやコンクリートブロックを一つずつ運び込み、
蜂置き場を整地した。


Re: 来るもの拒まず - HIRO 2018/05/26(Sat) 19:54 No.1020
捕獲した夜に、谷川沿いに新設した蜂置き場に持ち込んだ。

今年の蜂祭りの総決算は、
分蜂捕獲 4群
キン無し待ち箱捕獲 5群
キン有り待ち箱捕獲 8群
捕獲後の逃去 0群

捕獲合計は、17群になった。


スズメバチトラップ 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/25(Fri) 21:40 No.1011

スズメバチトラップには地酒の金冠黒松を使う。
安いお酒では入りが悪いので、贅沢な話しである。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/05/25(Fri) 21:44 No.1012
ペットボトルにカッターナイフで入り口を開ける。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/05/25(Fri) 21:47 No.1013
蓋に吊り下げる紐を通し、発泡スチロールの雨避けを付ける。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/05/25(Fri) 21:49 No.1014
トラップに溶液を入れたものを、蜂場に吊り下げる。

Re: スズメバチトラップ - HIRO 2018/05/25(Fri) 21:56 No.1015
ここを蜂場にしたとき、ユリノキを二本定植したが、結構大きく育っている。

トラップ溶液の補充 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/24(Thu) 13:32 No.1007

スズメバチトラップに、スズメバチや蛾などが混入し汚れている。

Re: トラップ溶液の補充 - HIRO 2018/05/24(Thu) 13:36 No.1008
トラップ内の溶液を茶こしで濾して、浮遊物を取り除く。

Re: トラップ溶液の補充 - HIRO 2018/05/24(Thu) 13:39 No.1009
溶液を補充し、トラップ内に戻す。

Re: トラップ溶液の補充 - HIRO 2018/05/24(Thu) 13:43 No.1010
元の場所に吊り下げて作業を完了。

6ヵ所のトラップの補充作業を終えた。


久々の黒鯛釣り 投稿者:HIRO 投稿日:2018/05/23(Wed) 11:03 No.1002

蜂事はお休みして、久々の黒鯛釣りに出掛けてきた。

釣り場所は自宅から車で2時間を要する波止場である。

Re: 久々の黒鯛釣り - HIRO 2018/05/23(Wed) 11:06 No.1003
コーヒーを飲みながら、ゆったりとした時の流れを楽しむ。

Re: 久々の黒鯛釣り - HIRO 2018/05/23(Wed) 11:10 No.1004
この海原の先に、二ホンミツバチのメッカ、四国がある。

Re: 久々の黒鯛釣り - HIRO 2018/05/23(Wed) 11:23 No.1005
この波止場には、山口県の柳井〜愛媛県の松山を結ぶ定期船が寄港する。

独身の頃、2年間松山に転勤していたこともあり、この定期船に幾度か乗船したことがある。
この波止場に立ち寄った際に、ここで釣りをしたいとの想いを馳せたことを思い出す。


Re: 久々の黒鯛釣り - HIRO 2018/05/23(Wed) 11:32 No.1006
今回は残念ながら黒鯛の当たりが無かった。

釣果はアジ9匹とメバル3匹であったが、水深10m以上の深場を狙うので
両魚とも良型が釣れた。


Page: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -