168564

[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿認証 (右の数字を入力) 投稿キー
文字色
キンリョウヘンの室内取り込み 投稿者:HIRO 投稿日:2017/02/25(Sat) 14:04 No.719

正月休み以来の帰宅なので、室内への取り込みが通年より1ヶ月遅れとなった。

ここは冬季にキンリョウヘンを軒下に置いてある場所。


Re: キンリョウヘンの室内取り込み - HIRO 2017/02/25(Sat) 14:07 No.720
この中から花芽が期待できそうなものを選んで室内に取り込みする。


Re: キンリョウヘンの室内取り込み - HIRO 2017/02/25(Sat) 14:13 No.721
外気温はまだ寒いが、キンリョウヘンは春を感じているようだ。


Re: キンリョウヘンの室内取り込み - HIRO 2017/02/25(Sat) 14:19 No.722
室内には5鉢ほど取り込んでおいた。
これにより分蜂時期に合わせて早咲きさせることができる。


越冬対策 投稿者:HIRO 投稿日:2016/12/09(Fri) 17:56 No.709

二ヶ月ぶりに留守宅に帰宅した。
久しぶりなので、やることも多くあるが、ミツバチの越冬対策もその一つである。

早々に自宅から一番遠くにある蜂場に出掛けてみた。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 18:04 No.710
落ち葉に敷き詰められた蜂場は、すっかり晩秋模様になっていた。

この蜂場には4群置いてある。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 18:14 No.711
オオスズメバチの襲来、スムシ被害、はたまた不明の疾病、などなど…

昨今は二ホンミツバチの生息が厳しい環境になっているが、この蜂場の群は如何に?


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:02 No.712
ミツバチ達は無事に過ごしており、春先の対策や巣門の金網が功を奏したようである。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:05 No.713
この蜂群も無事である。

かなりの貯蜜量があるらしく、やっと持ち上げられる重さになっている。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:11 No.714
全群の無事を確認でき、一安心!


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:17 No.715
昨年はオオスズメバチの襲来で、この蜂場群は全滅させられたが、
今年はスズメバチトラップの御かげで全群の無事を確認できた。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:22 No.716
今回は「底板の掃除」「菰巻き」「巣門狭め」の対策を行った。


Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:31 No.717
防寒対策で箱内が暖かくなったのか、しばらくすると巣門前は時騒ぎで賑わっていた。

Re: 越冬対策 - HIRO 2016/12/09(Fri) 19:33 No.718
蜂に刺されることなく越冬対策を終え、この蜂場を後にした。

巣門の金網取り付け 投稿者:HIRO 投稿日:2016/09/04(Sun) 13:25 No.696

そろそろオオスズメバチ襲来の季節。
巣門の金網取り付けで、久々に蜂場に出掛けてみた。

この群は3年目群で、秋に採蜜を予定している群である。

Re: 巣門の金網取り付け - HIRO 2016/09/04(Sun) 13:27 No.697
この時期は巣門に蜂が溢れ出ている状態が正常な群である。


Re: 巣門の金網取り付け - HIRO 2016/09/04(Sun) 13:32 No.698
オオスズメバチの侵入防御のために、巣門に金網の取り付けをした。


Re: 巣門の金網取り付け - HIRO 2016/09/04(Sun) 13:35 No.699
これも同じ蜂場の、今年捕獲群の状態。

この状況は他の蜂場も同じで、巣門の蜂溢れ状態はハチノスズリガ(スムシ)対策に
効果があるものと思っている。


Re: 巣門の金網取り付け - HIRO 2016/09/04(Sun) 13:48 No.700
巣門には ハチ・蜂・はち で金網の取り付けをためらってしまうが、
一匹の犠牲も出すことなく、金網の取り付けを終えた。

どの蜂場にもキイロスズメバチは来ていたが、オオスズメバチ対策を終え、
これでまた自然任せの放任飼育で蜂場を後にした。


蜂群の見回り 投稿者:HIRO 投稿日:2016/07/19(Tue) 21:44 No.671

久々に蜂場をグルリと見回り、蜂群の様子を載せてみた。

【蜂群、その1】

この群は今春の最後に捕獲した群。
蜂数の増えが少ないので、2段積みのままである。

Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 21:45 No.672
その1、巣門の様子

Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 21:59 No.673
【蜂群、その2】

この群は今春の捕獲当初に蜂児捨てが発生していた群。
処置により蜂児捨ては治まり、現在は3段積みの強群に育っている。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:06 No.675
その2、巣門の様子


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:11 No.676
【蜂群、その3】

今春の捕獲群の中では、蜂数が一番増えている群。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:12 No.677
その3、巣門の様子



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:16 No.678
【蜂群、その4】

今年捕獲した群。
この群も特に問題無く順調に育っている。



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:18 No.679
その4、巣門の様子


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:23 No.680
【蜂群、その5】

この群は2年目群。
採蜜予定なので、4段積みにしてある。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:27 No.681
その5、巣門の様子



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:30 No.682
【蜂群、その6】

今春の捕獲群、順調に育っている。




Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:32 No.683
その6、巣門の様子


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:41 No.684
【蜂群、その7】

この群は2年目群。
採蜜予定なので4段積みにしてあり、持ち上げられない重さになっている。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:43 No.685
その7、巣門の様子

巣門前の蜂に勢いが見られず、チョット心配な群である。



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:51 No.686
【蜂群、その8】

この群は3年目群。
採蜜予定なので、4段積みにしてある。



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/19(Tue) 22:54 No.687
その8、巣門の様子



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 18:59 No.688
【蜂群、その9】

今年捕獲した群。
この群も順調で糸を引いたように連なって帰巣している。



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:00 No.689
その9、巣門の様子

Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:09 No.690
【蜂群、その10】

今年の捕獲群。
この群も問題無く順調な様子である。



Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:10 No.691
その10、巣門の様子


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:15 No.692
◇消滅1群

以前、継ぎ箱に出向いた際に勢いが感じられなかったので、
2段のままにしておいたが、やはり消滅に至っていた。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:23 No.693
消滅群の様子

巣板は2段の途中まで伸びており、蜜も花粉もタップリ貯めてあった。
消滅原因は捕獲後の女王蜂に何らかの問題が発生したものと思われる。


Re: 蜂群の見回り - HIRO 2016/07/20(Wed) 19:53 No.694
◇蜂児捨て1群

この群の蜂児捨ては5月初旬に始まり、対策で治まったかに見えたが、
一喜一憂の状態が続いている。

蜂児捨てが起きて既に2ヶ月が経過しており、蜂の寿命から判断すると、
本来なら蜂数が減少し消滅に向うはずであるが、蜂群に勢いがあり、
対策は何らかの効果があると思われる。

これから盛夏になるとその間は産卵が止まり、蜂児捨ても一旦途切れるはずなので、
その後の正常化を期待したいところである。


蜂児捨て対処 投稿者:HIRO 投稿日:2016/07/04(Mon) 00:08 No.660

今回の帰省休は"松の芽摘み"と"クロガネモチの剪定"を行った。

松の剪定作業は、春と秋の二回

 [芽摘み〕 春(6月26日頃)
       新芽を5cm残して切り取り
 [剪 定] 秋
       新芽の間引きと、古葉の揉みあげ

Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 00:17 No.661
手前の樹木に着生している植物は、日本原産ラン科の富貴蘭である。
その後方には今春捕獲したニホンミツバチの巣箱が見える。



Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 00:24 No.662
5月の捕獲初期に蜂児捨てがあり、対処後は強群に育っていたが、
ここにきてまた蜂児捨てが始まった。


Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 00:35 No.663
これは最高1000倍まで拡大して見える光学顕微鏡。
ニホンミツバチに係る疾病の原因を探るために購入したものである。


Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 00:43 No.664
蜂児捨て原因でσ(^g^)の持論は細菌説である。
今もって、その証しには至っていない。




Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 00:51 No.665
急遽、蜂児捨ての対処を行った。
クレベリン容器を再利用しているが、中身の溶液は自分で調合したもの。


Re: 蜂児捨て対処 - HIRO 2016/07/04(Mon) 01:25 No.668
今春捕獲した群に2件の症例をみたが、処置後には蜂児捨てが治まり、
二ヶ月後にはいずれも三段積みの強群となり、持論と処置は妥当であると考えている。


捕獲総決算 投稿者:HIRO 投稿日:2016/05/25(Wed) 19:10 No.650

ここは自宅から一番離れている蜂場近くの風景。
緑に恵まれた環境なので、ミツバチの生息に適した場所なのだ ^g^)v

今年の総決算は、
・分蜂捕獲が2群
・待箱捕獲が7群
合計9群の捕獲成績であった。

蜂のお世話が満足に出来ない企業戦士にとっては、適度な数である。

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:11 No.651
捕獲1群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:12 No.652
捕獲2群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:13 No.653
捕獲3群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:15 No.654
捕獲4群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:17 No.655
捕獲5群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:18 No.656
捕獲6群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:20 No.657
捕獲7群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:21 No.658
捕獲8群目

Re: 捕獲総決算 - HIRO 2016/05/25(Wed) 19:23 No.659
捕獲9群目

趣味三昧 投稿者:HIRO 投稿日:2016/05/23(Mon) 23:44 No.644

朝は4時起きで捕獲群を蜂場に運び、午後からは海釣りに出掛け真夜中に帰宅。
先週末の休日は日々3〜4時間の睡眠で、趣味三昧の楽しい時を過ごした。

Re: 趣味三昧 - HIRO 2016/05/23(Mon) 23:45 No.645
久々に出掛けた波止場釣りは、黒鯛が45cmと38cmの大物が釣れ、
アジとサバも28cmの良型で、とても満足の行く釣果であった。


Re: 趣味三昧 - HIRO 2016/05/23(Mon) 23:46 No.646
この蜂場には、今春捕獲したものが現在4群置いてある。
昨年この蜂場には6群居たが、オオスズメバチに襲われ、逃去の憂き目に遭ってしまった。


Re: 趣味三昧 - HIRO 2016/05/23(Mon) 23:47 No.647
昨年の二の舞いに成らぬよう、オオスズメバチ対策を打っておいた。


Re: 趣味三昧 - HIRO 2016/05/23(Mon) 23:48 No.648
その成果は20匹弱のオオスズメバチの女王が駆除できた。

Re: 趣味三昧 - HIRO 2016/05/23(Mon) 23:49 No.649
オオスズメバチの女王は、やはりビッグサイズである。


蜂のあれこれ 投稿者:HIRO 投稿日:2016/05/06(Fri) 21:44 No.641

昨夜、待ち箱入居群を二群ほど、蜂場に持ち込んだ。

昨年はこの蜂場でオオスズメバチの被害に遭ったので、
この時期オオスズメバチの女王を捕獲すべくトラップを仕掛けておく。

Re: 蜂のあれこれ - HIRO 2016/05/06(Fri) 21:59 No.642
ドオーン! オオスズメバチの女王蜂である。

オオスズメバチの女王を一匹捕獲することは、秋に襲来する
500匹相当のオオスズメバチを駆除したことに匹敵する。

今回の仕掛でオオスズメバチの女王を合計三匹捕獲できた。


Re: 蜂のあれこれ - HIRO 2016/05/06(Fri) 22:08 No.643
待ち箱をグルリと見回り、新たに1群の入居を確認した。

GW終了時点での捕獲成績は、
・分蜂捕獲2群
・待ち箱捕獲4群

今年は入居が遅いのか? 蜂が居ないのか? 不調である。


蜂児捨て 投稿者:HIRO 投稿日:2016/05/06(Fri) 10:18 No.636

春の立ち上がりに蜂児捨ての起こった群がいる。

Re: 蜂児捨て - HIRO 2016/05/06(Fri) 11:02 No.637
蜂児捨ての原因は色々な説があるが、私はヨーロッパ腐蛆病ではないかと思っている。
捨てられた幼虫は、乳白色に分解され液状化している。

ミツバチの防御本能であろう、働き蜂が幼虫を懸命に抱えて遠くに運び捨てている。


Re: 蜂児捨て - HIRO 2016/05/06(Fri) 11:07 No.638
底板を換え、対策を施して様子をみることにした。


Re: 蜂児捨て - HIRO 2016/05/06(Fri) 11:19 No.640
発症してからその後、数匹の蜂児を運び出す様子も窺えたが、
二ケ月経った今も元気に出入りしている。

さらに昨日は、時騒ぎで巣門前に多くの蜂が飛び交う様子も窺えた。
対策が功を奏したのかは不明であるが、このまま経過観察を続行する。


GW中盤状況 投稿者:HIRO 投稿日:2016/05/03(Tue) 14:41 No.629

今日は1日雨模様。
待ち箱の入居確認でグルリと見回ってみた。

Re: GW中盤状況 - HIRO 2016/05/03(Tue) 14:42 No.630
前回切り花を取り付けた直後に探索蜂がやって来た待ち箱。
4日後に確認すると、やはりリーチ箱には入居していた。


Re: GW中盤状況 - HIRO 2016/05/03(Tue) 14:44 No.631
雨の降る中でも、外勤蜂が出入りしている。



Re: GW中盤状況 - HIRO 2016/05/03(Tue) 14:45 No.632
これは別の入居群。

入居済みの箱は切り花が"く"の字に傾いているので、遠目からでも入居済みが判断できる。
分蜂群が固まった蜂熱の影響で、切り花は萎れ黒ずんでいる。


Re: GW中盤状況 - HIRO 2016/05/03(Tue) 14:46 No.633
この箱は花が真っすぐなので、未入居ということが判断できる。


Re: GW中盤状況 - HIRO 2016/05/03(Tue) 14:49 No.635
この待ち箱には探索蜂がやって来ていた。


GWの蜂捕獲 投稿者:HIRO 投稿日:2016/04/29(Fri) 22:15 No.621

今日からゴールデンウィーク、企業戦士は10連休に突入なのだぁ。
さあ、蜂遊びの始まりはじまり〜ィ (^0^)/

Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:20 No.622
GWに合わせて咲かせたキンリョウヘン。
先ずは切り花にして、待ち箱にお供えの準備をする。



Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:29 No.623
キンリョウヘンの切り花を、ペットボトルに三本挿しにする。

Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:31 No.624
受粉防止にネットで覆う。

Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:34 No.625
キンリョウヘンに誘引され、二ホンミツバチが早々にやって来た。


Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:37 No.626
切り花キンリョウヘンを車に積み込み、グルリ一周いざ出発。

Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:39 No.627
待ち箱に切り花キンリョウヘンを取り付けた様子。


Re: GWの蜂捕獲 - HIRO 2016/04/29(Fri) 22:47 No.628
取り付け直後に探索蜂がやって来た。
この待ち箱は速効リーチのようである。

もちろん、今年一番乗りの捕獲はこの待ち箱でした。


今年の宴の始まり 投稿者:HIRO 投稿日:2016/04/04(Mon) 19:13 No.601

ここは自宅から20km離れた蜂場近くの里山風景。

単身赴任先の岐阜県も留守宅の山口県も、今年の桜は同時開花の観がする。

Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:14 No.602
留守宅に1ヶ月ぶりに帰省したので、蜂場へも久々に出掛けてみた。

Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:16 No.603
見回った結果、全ての蜂群に雄蜂巣房の蓋が落ちていることが分かった。

巣箱によっては、大きな羽音を発して雄バチが出入りしている群も見うけられる。
このような群は、分蜂が間近かに迫っているものと思われる。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:19 No.604
分蜂に備えて急遽、待ち箱にミツロウ塗りを行った。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:20 No.605
時間が無かったが、とりあえず3箱の準備が整った。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:21 No.606
その翌日のお昼に、今年初めての分蜂があった。
例年より半月早い宴の始まりである。

蜂球の出来ている叉木は、この朝に設置しておいたもの。
分蜂群の取り付き場所もズバリ的中したようである。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:23 No.607
昨日準備しておいた巣箱に蜂群の取り込みをした。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:24 No.608
蜂球をチリトリで数回すくって蜂箱に入れ、後は蜂が自ら巣箱に入るのを待つだけ。

Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:26 No.609
巣門を広げて蜂が入り易くしておき、全ての蜂が入ったことを確認した後に巣門を閉じ、
その後、直ぐに別の蜂場へ移動した。


Re: 今年の宴の始まり - HIRO 2016/04/04(Mon) 19:27 No.610
捕獲群を蜂場に持ち込み、据え付けを完了した。

今回の成否の確認は次回の帰省となり、この蜂場を後にした。


キンリョウヘンの様子 投稿者:HIRO 投稿日:2016/03/06(Sun) 15:01 No.586

玄関先の地植えのキンリョウヘン。
自然任せで霜も雪も被るが元気に育っている。

Re: キンリョウヘンの様子 - HIRO 2016/03/06(Sun) 15:03 No.587
長屋の軒先にビニールを被せて冬越しをさせたキンリョウヘン。
久々に水遣りをした。


Re: キンリョウヘンの様子 - HIRO 2016/03/06(Sun) 15:07 No.588
根っこが鉢から溢れ出ている。
本来なら植え替えをすべきところ、こちらも成り行き任せ。


Re: キンリョウヘンの様子 - HIRO 2016/03/06(Sun) 15:11 No.589
こちらは長屋の二階に置いてあるキンリョウヘン。
野外のものより開花を早める為に、室内に取り込んで冬越しさせている。


Re: キンリョウヘンの様子 - HIRO 2016/03/06(Sun) 15:19 No.590
室内へ取り込む前に覗いていた花芽の様子。
暖冬で花芽が覗いたが、厳冬になった影響で3ヶ月経っても花芽に変化はない。


Re: キンリョウヘンの様子 - HIRO 2016/03/06(Sun) 15:22 No.591
同じ鉢に七つの花芽が覗いている。
こちらは活気があるので、最近伸び始めた花芽であろう。


待ち遠しい春来る 投稿者:HIRO 投稿日:2016/03/04(Fri) 18:06 No.582

最近は二ホンミツバチよりも、釣りにはまっている。
この数ヶ月間にヤフオクやamazonから購入した釣り具は52点に及ぶ。

今年限りで企業戦士を引退し、自分流の人生を楽しむ準備なのだ ^g^)/
鮎釣り、チヌ釣り、ジギングでの青物狙い、など夢は広がるのだ。
先ずは春の乗っ込みシーズン、大型チヌ狙いのスタートが待ち遠しい。

Re: 待ち遠しい春来る - HIRO 2016/03/04(Fri) 18:19 No.583
とは言うものの、春の訪れでミツバチ達は狭い巣門を忙しく出入りしている。
飼育カレンダーでは春の立ち上がりのお世話をする時期に来ている。


Re: 待ち遠しい春来る - HIRO 2016/03/04(Fri) 18:32 No.584
3月上旬の立ち上がりは、
・冬越し対策の巣門棒の取り外し
・底板の巣クズ清掃
・巣箱に巻いてある菰の取り外し
の作業を行う。

巣箱を持ち上げてみると軽いので、越冬でかなりの貯蜜を消費したようである。
菰を巻いていなかったらもっと貯蜜を消費し餓死していたかもしれない。

底板の巣クズは、かなりの量が削り落とされている。
巣クズの削り落としが多い程、新たな増巣が広がるので望ましいことである。


Re: 待ち遠しい春来る - HIRO 2016/03/04(Fri) 18:40 No.585
この時期は蜂が荒れているが、刺されることなく底板の取り替えや菰の取り外しを終えた。

明日は別の蜂場に出向いて、春の立ち上がり作業を行う予定である。



寒い季節に咲く 投稿者:HIRO 投稿日:2016/02/11(Thu) 15:09 No.578

この時期はミツバチの話題がないので久々の投稿である。
寒い季節に咲くソシンロウバイにミツバチが訪花しているのは殆ど見ない。

Re: 寒い季節に咲く - HIRO 2016/02/11(Thu) 15:52 No.579
冬来たりなば春遠からじ、紅梅の蕾は未だ固い。
立春を迎えたので、これからは三寒四温で春が待ち遠しい。


Re: 寒い季節に咲く - HIRO 2016/02/11(Thu) 15:54 No.580
で、肝心のミツバチ達はというと

Re: 寒い季節に咲く - HIRO 2016/02/11(Thu) 15:56 No.581
暖かい日にはセッセト蜜集めに出掛けていた。


暖冬のミツバチ群 投稿者:HIRO 投稿日:2015/12/14(Mon) 08:34 No.573

蜂場からの帰り、セイタカアワダチソウが咲いているのが目についた。
例年なら咲き終わっているはずであるが、やはり暖冬の影響であろうか。

Re: 暖冬のミツバチ群 - HIRO 2015/12/14(Mon) 08:35 No.574
西日本に強風が吹き荒れ、風にあおられて台座から落ち掛けていた巣箱は
支柱に引っ掛かり事なきを得ていた。

今後の強風対策として、横からの支え棒を施しておいた。


Re: 暖冬のミツバチ群 - HIRO 2015/12/14(Mon) 08:36 No.575
多くのミツバチ達が蜜集めに出掛けている。
野山は落葉しており木々に花は見られないが、ミツバチ達は何んらかの
蜜源花を見つけているのであろう。

暖かいといっても冬季なので、巣門には定番の巣削りカスが見てとれる。



Re: 暖冬のミツバチ群 - HIRO 2015/12/14(Mon) 08:37 No.576
別の蜂場群、強風での転倒を心配して出向いてみたが、特に問題はなかった。



Re: 暖冬のミツバチ群 - HIRO 2015/12/14(Mon) 08:38 No.577
四年目の越冬を迎えるこの群も、多くのミツバチ達が出入りしており、
巣門は混雑の様を呈していた。


キンリョウヘンの冬支度 投稿者:HIRO 投稿日:2015/11/24(Tue) 15:48 No.566

今日はキンリョウヘンの冬支度で、池の中からキンリョウヘンを引き上げた。

Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:49 No.567
今年は例年になく暖冬とのこと。

鉢の縁には既にキンリョウヘンの花芽が覗いていた。
この花芽は赤花キンリョウヘンである。


Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:51 No.568
これは白花キンリョウヘンである。


Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:52 No.569
池から引き上げたキンリョウヘンは長屋の横に並べ、
もう少し寒くなってから木枠にビニールを被せて冬越しさせる。


Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:53 No.570
大き目の鉢はとりあえず母屋の南側に設置しておいた。
その後、長屋の二階の日当たりの良い室内に取り込んで越冬させる。


Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:54 No.571
引き上げ後の池の様子。
昔は錦鯉が泳いでいたが、今はキンリョウヘンの避暑地になっている。


Re: キンリョウヘンの冬支度 - HIRO 2015/11/24(Tue) 15:55 No.572
これは地植えのキンリョウヘン。

水遣りがどうの、肥しがどうの、寒さがどうのと、定説で色々と言われているが
自然任せで十分に育つのがキンリョウヘン。

地植えのキンリョウヘンには、夏は強い日差しが当たるし、冬には霜も雪も被る。
でも分蜂期には四季の移ろいでチャンと花を咲かせてくれている。


ミツバチ達の冬の備え 投稿者:HIRO 投稿日:2015/11/23(Mon) 08:28 No.556

今日は季節の節目、二十四節気の小雪(しょうせつ)。
陽射しが弱くなり紅葉が散り始める頃。

ここはミツバチ達が蜂場から飛び立って目にする飛行ルートの風景。

Re: ミツバチ達の冬の備え - HIRO 2015/11/23(Mon) 08:32 No.557
この群は三回目の越冬を迎える。

これから次第に冷え込みが厳しくなるので、ミツバチ巣箱を
冬バージョンに衣替えを行う。


Re: ミツバチ達の冬の備え - HIRO 2015/11/23(Mon) 08:33 No.558
この時期、何の花であろう?
野山に花は見て取れないが、黄色と白の花粉を運び込んでいる。

ミツバチ達も冬に備えて蜜集めに大忙しである。


Re: ミツバチ達の冬の備え - HIRO 2015/11/23(Mon) 08:34 No.559
巣箱を夏バージョンから冬バージョンに衣替えをする。
・「金網を取り外し、巣門を狭くする」
・「底板の巣クズ清掃で、底板を取り替える」
・「巣箱に菰を巻く」


Re: ミツバチ達の冬の備え - HIRO 2015/11/23(Mon) 08:35 No.560
冬バージョンへの衣替えを完了。


Re: ミツバチ達の冬の備え - HIRO 2015/11/23(Mon) 08:37 No.561
狭まった巣門の様相に迷うことなく、すぐに出入りを始めていた。


忘れ物の回収 投稿者:HIRO 投稿日:2015/09/23(Wed) 11:06 No.548

今春に仕掛けた待ち箱を、1箱回収し忘れていることに気がついた。

仕掛けた場所に行き、遠目から見た時には蜂の飛行が見えなかったので入っていないと思ったが、
箱を持ち上げてみるとズッシリ重く、巣門の奥に蜂が確認できたので蜂群の入居を確信した。

巣箱をよく見ると黒い汚れの"臭い付け"がされており、巣箱を引きあげている間にブゥ〜ンと奴は現われた。
ミツバチの飛んでいなかった原因は、オオスズメバチの襲来であることが判明した。

Re: 忘れ物の回収 - HIRO 2015/09/23(Wed) 11:23 No.549
ラッキーなことに、底板が反ったことにより巣門が狭まり、
オオスズメバチの侵入を免れたようである。


Re: 忘れ物の回収 - HIRO 2015/09/23(Wed) 11:31 No.550
巣門にはオオスズメバチの齧り痕があり、回収がもう少し遅れると、
この群は逃去の憂き目にあったと思われる。

またミツバチ達は巣箱内に閉じ籠もった状態だったので、その場で巣門を閉じ
明るいうちに持ち帰ることができたので回収も楽であった。


Re: 忘れ物の回収 - HIRO 2015/09/23(Wed) 11:37 No.551
持ち帰った群は、警戒しながら新居の周りを探っている様子が窺えた。


Re: 忘れ物の回収 - HIRO 2015/09/23(Wed) 11:43 No.552
翌朝には蜜集めに出掛けるもの、スズメバチを警戒するものなど、
各々の役割を元気に果たしていた。


秋採蜜 投稿者:HIRO 投稿日:2015/09/22(Tue) 22:46 No.544

通常は秋には採蜜しないが、入居2年目で未採蜜だった1群から採蜜を行った。

この群は今春の立ち上がりにスムシに遣られていたが、荒療治で復活した群である。
この時期、スズメバチが飛来するので、巣箱の周りには警戒した多くの蜂が取り付いている。

Re: 秋採蜜 - HIRO 2015/09/22(Tue) 22:51 No.545
最上段の貯蜜量は思いのほか少ないようだ。

Re: 秋採蜜 - HIRO 2015/09/22(Tue) 23:35 No.546
今回は蓋掛けされていない蜜巣が多くあったので、薄い蜜が混じらぬよう
切り分けて垂れ蜜を行った。


Re: 秋採蜜 - HIRO 2015/09/22(Tue) 23:46 No.547
蓋掛けされた蜜巣の糖度は79度で申し分ない。

蓋掛けされていない部分の蜜は、76度でやはり低糖度である。
この薄い蜜が混ざると発酵の原因となり、良質なハチミツとは言えない。


Page: | 1 | 2 | 3 |

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -