[戻る]
過去ログ [ 0002 ]
過去ログ:   ワード検索: 条件: 表示:
Page: | 1 | 2 |
タイトル
投稿日
投稿者
参照先
留守宅のゲリラ豪雨
: 2014/08/06(Wed) 21:59


早朝に、留守宅の娘から洪水の写メが送られてきた。
手前に積み重なって見えるものは、裏山が崩れて土砂が流れ出たもの。
近隣の被害は「床上浸水」「道路崩れ」「山崩れ」「田んぼ冠水」など、市内全域の家屋浸水は427棟。

おそらく蜂場にも濁流が流れ込み、蜂群は水没したと思われる。
単身地から500Km離れた出来ごとなので、対策の施しようがない…
Re: 留守宅のゲリラ豪雨 - 2014/08/13(Wed) 21:37 No.381
お盆休みで帰省したので、ゲリラ豪雨の被害を確認した。

河川の氾濫で護岸が崩壊し、我が家の田んぼの一角が崩れていた。
これから稲の開花時期なので、あと1ヶ月間は水が必要なのだが、
これでは今年の収穫を諦めるしかない。

Re: 留守宅のゲリラ豪雨 - 2014/08/13(Wed) 22:15 No.381
近くの蜂場の確認に出掛けてみた。

普段は車から降りて数分の蜂場であるが、今回の豪雨被害で
流木や倒木で道が塞がれ、容易に近づくことができない状況にあった。

Re: 留守宅のゲリラ豪雨 - 2014/08/13(Wed) 22:44 No.381
右側の川の氾濫で濁流が左側に流れ込み、護岸の道が崩壊していた。
ゲリラ豪雨による水の勢いは恐ろしものである。

Re: 留守宅のゲリラ豪雨 - 2014/08/13(Wed) 23:09 No.381
ここは蜂場の入口であった…が、様子を呈していない。
十数年前に二ホンミツバチを趣味にした頃、田んぼを畑にして
栗木やサクランボなどを植えて、蜂場として発祥した思い出の地。

今春 近くに熊が出没したことで、この蜂場には少数群を置いていたので、
被害は比較的少なかったが、三年目群など全て跡形もなく無くなっていた。

右側の川向かいには道路が通っているが、これも崩壊しているので
これより奥にある蜂場は確認できない状況にある。

後日出向いて遠目で確認したところ、ここも全群が流されたようだ。
ニホンミツバチには可哀想だが、自然災害なので致し方ない…。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
ミツバチのお世話
: 2014/05/17(Sat) 22:21


山奥の谷川沿いに、昨年と今年捕獲した群が置いてある。
Re: ミツバチのお世話 - 2014/05/17(Sat) 22:34 No.370
この群は今年この場所で捕獲した群。
三段目の「継ぎ箱」と、暑さ対策の「簾掛け」を行った。

Re: ミツバチのお世話 - 2014/05/17(Sat) 22:46 No.370
飼育方針は放任主義
早めではあるが、巣門にスズメバチガードの金網を
取り付けておいた。

Re: ミツバチのお世話 - 2014/05/17(Sat) 23:06 No.370
これは別の蜂場
スズメバチトラップに、数匹のオオスズメバチが入っていた。
秋の襲来対策として、この時期に女王蜂の捕獲を狙う。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
2014開設蜂場、その3
: 2014/05/08(Thu) 20:02


ここもゴールデンウィーク中に開設した蜂場。

結局、昨年の熊さんの出没のお陰で、今年は新たに
3ヶ所の蜂場を増設するに至った。

転んでも、倍返しなのだぁ(^^;ゞ
Re: 2014開設蜂場、その3 - 2014/05/08(Thu) 20:03 No.364
この蜂場には、とりあえず3群置くことにした。

その1

Re: 2014開設蜂場、その3 - 2014/05/08(Thu) 20:06 No.364
その2
Re: 2014開設蜂場、その3 - 2014/05/08(Thu) 20:08 No.364
その3

Re: 2014開設蜂場、その3 - 2014/05/08(Thu) 20:21 No.364
蜂場から眺めた里山風景。
この地は自宅から25km離れている。

綺麗な空気、青い空、一面の緑、
周囲は民家から離れているし、車は横付けできるし、
ここはベストな蜂場環境のようである。

Re: 2014開設蜂場、その3 - 2014/05/08(Thu) 20:25 No.364
ゴールデンウィーク最終日には、各蜂場に
スズメバチトラップを仕掛けておいた。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
2014開設蜂場、その2
: 2014/05/03(Sat) 22:07


ここもゴールデンウィーク中に開設した蜂場である。
この四日間、毎朝5時起きで2群ずつ運び込んでいる。
Re: 2014開設蜂場、その2 - 2014/05/03(Sat) 22:09 No.359
この蜂場にも4群置くことにした。

その1

Re: 2014開設蜂場、その2 - 2014/05/03(Sat) 22:10 No.359
その2
Re: 2014開設蜂場、その2 - 2014/05/03(Sat) 22:11 No.359
その3
Re: 2014開設蜂場、その2 - 2014/05/03(Sat) 22:14 No.359
その4

Re: 2014開設蜂場、その2 - 2014/05/18(Sun) 23:18 No.359
二週間後には、今年捕獲した全ての群に継ぎ箱をした。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
2014年に新設した蜂場
: 2014/05/01(Thu) 22:12


ここは今年開設した蜂場である。
今季捕獲した群を、ゴールデンウィークに合わせて運び込んだ。
Re: 2014年に新設した蜂場 - 2014/05/01(Thu) 22:13 No.353
この蜂場には4群置くことにした。

その1

Re: 2014年に新設した蜂場 - 2014/05/01(Thu) 22:15 No.353
その2
Re: 2014年に新設した蜂場 - 2014/05/01(Thu) 22:17 No.353
その3

Re: 2014年に新設した蜂場 - 2014/05/01(Thu) 22:18 No.353
その4

Re: 2014年に新設した蜂場 - 2014/05/18(Sun) 22:25 No.353
二週間後に出向いてみると、悲惨な状況が…

熊さんのテリトリーに踏み込んだ σ(^^;が悪いので、
お気に入りの蜂場だったが、ここから撤収することにした。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
自宅群の分封
: 2014/04/13(Sun) 00:49


昨日、自宅群の分封があった。
同じ巣箱からこれで三回目の分封である。

分封群はやがて二階の軒先から屋根裏へと入ってしまった。
Re: 自宅群の分封 - 2014/04/13(Sun) 00:51 No.349
この家屋は住居には使っていないが、屋根裏の営巣は夏の暑さで蜜が垂れ落ちると聞いたことがある。
一度住み着くと翌年以降も入る可能性が高まるので、天井裏に入った群を追い出すことにした。

翌日、マル秘作戦で天井を壊すこともなく、蜂群を外に追い出すことに成功した。
三回目の分封となると、蜂球はやや小ぶりのようである。

その後、天気の良くなった月曜日に待ち箱への入居を確認した。

Re: 自宅群の分封 - 2014/04/13(Sun) 00:52 No.349
別の群も分封モードで空中を乱舞いしていたが、なぜか中止して元巣に戻ってしまった。
明日の天気は雨模様なので、おそらく分封は起こらないであろう。

その後、天気の良くなった月曜日に再分封し、近くにできた蜂球を捕獲した。

Re: 自宅群の分封 - 2014/04/17(Thu) 18:58 No.349
土曜日に準備し、早速にLet's Go!
その後の5日間での捕獲まとめ。
キンの開花と待ち箱設置が、ジャストタイミングだったようだ。

◇分封捕獲:3群
◇キン捕獲:2群
◇待箱捕獲:2群
    ---------
    計 7群

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
キンリョウヘン満開
: 2014/04/08(Tue) 23:10


単身赴任先のキンリョウヘン
満開に咲き誇っているが、単身先で使う予定はない。
Re: キンリョウヘン満開 - 2014/04/08(Tue) 23:28 No.346
今週末は帰省予定なので満開のキンリョウヘンを新幹線に乗せて
500Km離れた留守宅に持ち帰ることにした。

電車内に持ち込める手荷物の大きさは、タテ・ヨコ・高さの合計が250センチ以内で、
重さが30キロ以内のものであれば大丈夫なようである。

留守宅では3回分封があったとのこと。
このキンリョウヘンで速攻捕獲を狙う。


Re: キンリョウヘン満開 - 2014/04/11(Fri) 23:35 No.346
持ち帰ったキンリョウヘンを待ち箱と一緒に仕掛けてみた。

数分後には探索蜂が飛来し、複数群が争奪戦の様を呈している。
今年はいつもより早い分封季節が到来したようである。

天気の悪い、土・日曜日には入居がなかったが、天気が良くなった月曜日には、
予定どおりキンリョウヘン付き待ち箱に入居を確認した。

最終的には、このキンリョウヘンで3群を捕獲した。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
単身地での蜂事
: 2014/03/30(Sun) 08:15


午前中は、蜂箱の菰外しと底板の巣屑掃除で借用蜂場に出向いた。

グリーンの中にピンク色に染まった"山桜"が見える。
借用蜂場はその下にあり、手前は田んぼで開けており蜂場が見える。
蜂場の頭上では、山桜の蜜集めでミツバチの羽音が響いていた。
Re: 単身地での蜂事 - 2014/03/30(Sun) 08:25 No.340
午後は、久々に巣箱板の調達でホームセンターに出掛けた。
蜂箱用の板はワンセット六枚束の杉板を買って、この大型機械でカットする。

杉板は、なるべく無垢で赤身のものを選ぶようにしているが、蜂箱用の板としては贅沢品である。
束ねてある状態の良いものを買いつけるが、切り解くと節材の有無で当たり外れもある。

Re: 単身地での蜂事 - 2014/03/30(Sun) 09:06 No.340
大型機械での切断であるが、各パーツのカットはミリ単位で慎重に行う。
ミリ単位のカットを誤ると、蜂箱の組み付けに不都合を生じるので繊細な作業になる。

今回は六枚板1束だけの購入なので、天板と底箱のパーツだけを製作した。
無垢の綺麗な部分だけを切り出し、節の部分は廃材にするので、出来上がりは以外と少なくなる。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
春立ち上がり準備
: 2014/03/25(Tue) 19:44


春立ち上がりの作業具は「取替え底箱」「草削り鎌」「ブラシ」「厚手のゴム手袋」「虫刺され薬」、
それと必須itemの「面布」である。
Re: 春立ち上がり準備 - 2014/03/25(Tue) 19:57 No.337
この擁壁(ようへき)には、2群並べて置いてある。
人一人通れる幅しかないので、底箱の取替え作業は大変である。

Re: 春立ち上がり準備 - 2014/03/25(Tue) 20:05 No.337
足を滑らせないよう、一つ一つの作業をシミュレーションしながら慎重にこなしていく。
足腰の丈夫なうちは良いが、いずれ年老いたらこのような場所に置くことは無理であろう。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
飼育カレンダー
: 2014/03/23(Sun) 22:18


楽園の飼育カレンダーでは、三月は菰外しの季節である。
Re: 飼育カレンダー - 2014/03/23(Sun) 22:22 No.331
冬季対策で巣門を狭めていた棒も一緒に取り外しを行う。

Re: 飼育カレンダー - 2014/03/23(Sun) 22:28 No.331
同時に底箱の取替えも行った。
スムシ対策の巣屑清掃は、年1回だけこの時期に行う。

Re: 飼育カレンダー - 2014/03/25(Tue) 19:41 No.331
春立ち上がりの準備を終えた群は、1・2・3‥‥17・18・19群、でタイムオーバー、
残りの群は次回に持ち越しである。

この巣箱、谷川沿いに置いてあるため、寒風による消滅を心配していたが、
あに図らんや、貯蜜量が最盛期のごとく、やっとのことで提げられる程の重さである。


タイトル
投稿日
投稿者
参照先
蜜源樹の剪定
: 2014/03/18(Tue) 19:02


敷地入り口の坂には、蜜源樹のイヌツゲが植えてある。
目立たぬ小さな花ではあるが、五月の開花時には多くのニホンミツバチが訪れ、
葉の間に入り込み懸命に蜜集めをする姿を目にする。
Re: 蜜源樹の剪定 - 2014/03/18(Tue) 19:06 No.328
道路に出る際に見通しが悪いので、このイヌツゲを剪定することにした。

Re: 蜜源樹の剪定 - 2014/03/18(Tue) 19:10 No.328
上部をかなり刈り取ったので、開花には三年程度の年月を要すると思われる。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
春の兆し
: 2014/03/16(Sun) 08:28


ここは単身赴任地の借用蜂場。
勤め先から200m程の近場にある。
Re: 春の兆し - 2014/03/16(Sun) 08:35 No.325
近場ではあるが、昨年12月に越冬対策をして以来、久々に出向いてみた。
冬季3ヶ月間の御無沙汰で、目的は越冬状態の確認である。

Re: 春の兆し - 2014/03/16(Sun) 08:43 No.325
肌寒い日であったが、巣門から多くのミツバチが飛び立っていた。
今季は小春日和のない厳冬日が続いたが、無事な姿を見ると嬉しい限りである。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
新しい蜂場造り、その2
: 2014/03/15(Sat) 09:16


新たにもうひとつの蜂場造りに出掛けてみた。
林道の反対側(谷川の左側)が、その候補地である。
Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 09:24 No.317
被い茂った木々をチェーンソーで伐採し、ミツバチが飛行し易いように切り広げた。

Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 09:25 No.317
時間切れで奥側の伐採を残したが、次回行う予定でこの場を後にした。

Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 09:29 No.317
ミツバチの巣箱は、石段の上に置く予定にしている。
Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 09:31 No.317
夏場は木陰になる杉林の間に置くことも考えている。

Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 09:33 No.317
蜜源樹と思われる樹木は伐採せずに残しておいた。
小さな実を垂らしているこの樹木、ミツバチが好みそうな樹木である。
さて、何という名前の木であろう?

Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/03/15(Sat) 11:40 No.317
蜜源らしき樹木を、他に2本残しておいた。
以前に蜜源樹として植えたものかもしれないが定かでない。
いずれ開花したら樹木の名前も分かることだろう。

Re: 新しい蜂場造り、その2 - 2014/05/18(Sun) 22:40 No.317
蜜源らしき樹木の2ヶ月後の様子。
樹木は「ユリノキ」であった。

新緑の季節になり、葉っぱで同定できた。
以前に蜜源樹として植樹したことを思い出した。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
新しい蜂場造り
: 2014/03/10(Mon) 20:16


昨年、蜂場に熊が出没したので、人里離れたところに蜂場造りに出掛けてみた。
Re: 新しい蜂場造り - 2014/03/10(Mon) 20:25 No.311
蜂場造りの道具は、木々を切り倒すためのチェーンソーと、身を守るためのヘルメット。
チェーンソーは今回用に買ったも、ヘルメットは十数年前に渓流釣り用に調達したもの。

Re: 新しい蜂場造り - 2014/03/10(Mon) 20:36 No.311
林道から眺めた蜂場の候補地。
木々が蔽い茂っている。

Re: 新しい蜂場造り - 2014/03/10(Mon) 20:40 No.311
初めて使うチェーンソーなので、事故には十分気をつけなが木々を切り倒した。

Re: 新しい蜂場造り - 2014/03/10(Mon) 20:44 No.311
陽が当たるように前を切り開き、新たな蜂場の完成である。

Re: 新しい蜂場造り - 2014/03/10(Mon) 20:51 No.311
早々にブロックとビールケースを置いてみた。
この蜂場には3〜4群程度置く予定である。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
春至る
: 2014/03/02(Sun) 21:18


今週から三月入り、今日は良いお天気だった。
ここは養蜂発祥の地、伊吹山はまだ白い冠に被われている。
Re: 春至る - 2014/03/02(Sun) 21:33 No.308
このキンリョウヘン、十数年来 単身地で共にある。
殺虫剤を近距離で噴射したことにより根を冷害で痛めて2年間、
今春は立ち直ることができたようだ。

Re: 春至る - 2014/03/02(Sun) 21:36 No.308
花芽は七つ、その一つに赤い蕾を覗かせている。

Re: 春至る - 2014/03/15(Sat) 12:34 No.308
その後の様子、分蜂時期を判断すると花芽の伸びが早過ぎるようだ。
開花時期を調整する為に、しばらくは寒い部屋に置くことにした。

Re: 春至る - 2014/03/30(Sun) 09:55 No.308
半月後の様子、
なるべく開花を遅らせるようにしたが、花芽の成長が進んでいる。

Re: 春至る - 2014/03/30(Sun) 09:57 No.308
花芽も膨らみ開花寸前である。
花元には甘露が光っている。

Re: 春至る - 2014/04/05(Sat) 08:41 No.308
さらに五日経った後、九分咲きの様子
ほぼ満開である

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
越冬に向けて
: 2013/12/07(Sat) 23:28


全ての群に菰巻きを終え、冬支度を完了した。

今年は予期せぬ熊の出現で、蜂群を減らす羽目になってしまった。
また熊の影響で3つの蜂場を撤収したことから、来年は現在の手持ち数を
増やすことは叶わぬであろう。
Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:30 No.282
その2

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:39 No.282
その3

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:46 No.282
その4、その5

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:49 No.282
その6

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:51 No.282
その7

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:54 No.282
その8

Re: 越冬に向けて - 2013/12/07(Sat) 23:56 No.282
その9

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:00 No.282
その10

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:02 No.282
その11

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:07 No.282
その12

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:12 No.282
その13、その14

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:14 No.282
その15

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:16 No.282
その16

ここは、ニホンミツバチを趣味に始めたとき、栗の木を植えて蜂場にした場所である。
2004年に開設し、多い時には上下段合わせて13群置いていたこともある。

残念なことに、今年 熊が出没したことで、ここの群は他の蜂場に移動した。
現在もそのまま置いてあるこの1群は、巣箱が重くて移動が出来なかったことによる。
その後は熊が出没することもなく、この群は無事に年越しできそうである。

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:51 No.282
その17

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:52 No.282
その18


Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:54 No.282
その19

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:56 No.282
その20

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 00:59 No.282
その21、その22




Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 01:01 No.282
その23

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 01:02 No.282
その24

Re: 越冬に向けて - 2013/12/08(Sun) 01:05 No.282
その25

これは岐阜県の蜂場群

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
冬至りなば
: 2013/12/07(Sat) 18:41


前回帰省した時にやり残した、7群の菰巻きを行った。
Re: 冬至りなば - 2013/12/07(Sat) 18:48 No.277
暖かい日中には蜂が出入りしている。
Re: 冬至りなば - 2013/12/07(Sat) 18:50 No.277
寒くなってからも、ここの蜂場はオオスズメバチが健在だったようだ。
Re: 冬至りなば - 2013/12/07(Sat) 19:06 No.277
鉢植えのキンリョウヘンは、ビニールを被せて冬支度だ
Re: 冬至りなば - 2013/12/07(Sat) 19:15 No.277
とは言うものの、地植えのキンリョウヘンには何も施さないで自然任せだ。
タイトル
投稿日
投稿者
参照先
蜂泥棒対策
: 2013/12/01(Sun) 17:35


ここは今春に蜂群を盗まれた岐阜県の借用蜂場。
現在は、今シーズン捕獲した群を冬支度して置いてある。

再度、盗難に遭わぬよう、三本の矢を放っておいた。
Re: 蜂泥棒対策 - 2013/12/01(Sun) 17:41 No.273
第一の矢は、警告の貼り紙をしておいた。
これを見て、踏みとどまって欲しいものだ。



Re: 蜂泥棒対策 - 2013/12/01(Sun) 17:45 No.273
第二の矢は、防犯ブザーを仕掛けておいた。
巣箱を持ち上げるとピンが外れ、あの大音量のアラームが鳴る。

Re: 蜂泥棒対策 - 2013/12/01(Sun) 18:14 No.273
第三の矢は、最強である。
蜂A:「何したの?」
蜂B:「ヒソヒソ…な・い・しょ」

昨日と今日、蜂場に出向いた私自身が驚かされてしまった。
ドロちゃん、第一の矢で改心しないと捕まるよ、確実に!

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
’2013 (TgT)トホホな総決算
: 2013/11/20(Wed) 21:11


年末までにはチョット早いが、今年のトホホな総決算をまとめてみた。

私の住んでいる地区に熊が出たという話しは産まれてこの方、聞いたことがなかったが、
奴はついに現われたようだ。

左側の巣箱は、倒されバラバラにされて蜜巣もミツバチも全てが無くなっていた。

右側の巣箱は、1メートル下に落とされて底部と三段目が壊れていたが、
重箱上部2段の蜜巣とミツバチは残っていた。
Re: ’2013 (TgT)トホホな総決算 - 2013/11/20(Wed) 21:35 No.268
この2群も、おそらく熊に襲われたものと思われる。

右側の巣箱は、No.268の熊に襲われた蜂場から100m離れている蜂場のもので、
箱囲い共々この巣箱も倒されていた。

熊からの避難で、数キロ離れた蜂場に受入れ準備で出向いてみたところ、
この蜂場に置いてあった左側の巣箱もバラバラにされていた。

Re: ’2013 (TgT)トホホな総決算 - 2013/11/20(Wed) 21:44 No.268
これは、理由不明の逃去群。
両方とも2年目群で、多くの蜜を残したまま逃去していた。

Re: ’2013 (TgT)トホホな総決算 - 2013/11/20(Wed) 22:02 No.268
左側の巣箱は、蜂児捨てが発生した群で、対処としてこの蜂場に移転したもの。
顛末は、巣箱の転倒落下により上下逆さまになり、逃去したものと思われる。

右側の巣箱は、別の蜂場でオオスズメバチに襲われ、ここの蜂場に移転したもの。
顛末は、この移転先でもオオスズメバチに襲われ逃去したと思われる。

結果を見ると定められた運命には逆らえないのかも。

Re: ’2013 (TgT)トホホな総決算 - 2013/11/20(Wed) 22:26 No.268
ここは岐阜県の蜂場、今春1群盗まれて無くなっていた。

ということで、
・熊被害 : 4群(内2群は生存中)
・逃去  : 2群
・蜂児捨て: 1群
・オオスズメバチ: 1群
・盗難  : 1群

以上、想定外の熊被害を含め、今年は9群がトホホな総決算となった。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
冬支度
: 2013/11/18(Mon) 22:28


すっかり秋めいて、寒くなってきた。
この時期は冬支度をするが、時間がとれないので
底板の掃除は止めにした。
ということで巣箱清掃は年間を通じて春先の1回のみ。
Re: 冬支度 - 2013/11/18(Mon) 22:33 No.263
冬支度として、先ずは巣門を狭めた。
家裏の3群は、この時期でも時騒ぎをしている。

Re: 冬支度 - 2013/11/18(Mon) 22:37 No.263
巣門を狭めたので、時騒ぎのときは出入口が混雑している。

Re: 冬支度 - 2013/11/18(Mon) 22:44 No.263
冬支度として、次に巣箱に菰を巻いた。
箱内が暖かくなったのか、時々風を送り込んでいる。

Re: 冬支度 - 2013/11/18(Mon) 22:52 No.263
今回の冬支度は3分の2ほど終えることができた。
残り8群は、次回に帰省したときに行う。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
最終時期の採蜜
: 2013/10/13(Sun) 00:45


10月に入りセイタカアワダチソウが咲いてきた。
Re: 最終時期の採蜜 - 2013/10/13(Sun) 00:51 No.259
セイタカアワダチソウが咲く前に全ての採蜜を終えたかったが、
時間が執れなかったので今日に至ってしまった。

ということで、今回も帰省した合間をぬって採蜜をした。

Re: 最終時期の採蜜 - 2013/10/13(Sun) 01:00 No.259
今回の蜜は粘り気があり糖度も高そうだ。

Re: 最終時期の採蜜 - 2013/10/13(Sun) 01:05 No.259
今回も黄金色の綺麗な蜂蜜が採れた。
タイトル
投稿日
投稿者
参照先
蜂場への道
: 2013/10/05(Sat) 14:24


蜂場に行く途中の道、
曲がった竹に蔓が巻きつき、植物ゲートができている。
Re: 蜂場への道 - 2013/10/05(Sat) 14:37 No.252
この巻き付いている植物を観察して見ると、アケビが実っていた。
熟すと果皮が割れ、昔には山遊びする子供のおやつに親しまれたようである。
現在では食べる人もなく、野鳥の餌になるのであろう。

Re: 蜂場の植物 - 2013/10/05(Sat) 14:42 No.252
花のなくなる時期の蜜源花として2009年に定植したモクゲンジ。
テッペンに黄色い花をつけている。

Re: 蜂場の植物 - 2013/10/05(Sat) 14:48 No.252
黄色の他にピンク色も見えるので、何だろうとズームしてみると、
モクゲンジの種ができる袋状の果被であった。

Re: 蜂場の植物 - 2013/10/13(Sun) 00:25 No.252
10月中旬に出向いて様子を見ると、既に花はなくなり 種のみ残している。
タイトル
投稿日
投稿者
参照先
自然からの恵み
: 2013/09/18(Wed) 20:06


暑さも治まり採蜜の季節がやってきた。
今回の帰省では、二年目の群を4群ほど採蜜してみた。
Re: 自然からの恵み - 2013/09/18(Wed) 20:12 No.246
花粉圏も育児圏も一切混じらない、完璧な巣蜜である。

Re: 自然からの恵み - 2013/09/18(Wed) 20:20 No.246
蜂蜜用のビンは国内の瓶メーカーから直接仕入れている。

瓶詰めは蜂蜜を垂らしながら計量し、正確に350gを詰める。
妻曰く、日本製の瓶は重さにバラツキがないので、瓶詰め計量が正確にできるとか。

Re: 自然からの恵み - 2013/09/18(Wed) 20:56 No.246
蜜のイメージは、7月の蜜が「黄金の雫」なら、今回の蜜は「秋の彩」である。
今回の採蜜量は12kgで 350g瓶が32個採れたが、いつもの量より少なかった。


タイトル
投稿日
投稿者
参照先
奴はやってきた
: 2013/09/16(Mon) 11:24


スズメバチが襲来する季節になった。
蜂場に行ってみると、巣箱にオオスズメバチが来ていた。
巣門と箱の後ろの節穴に取り付いている。

オオスズメバチが占領すると縄張りを持ち、人が近づくと襲って来るので安易に近づけない。
キイロスズメバチは怖くはないが、オオスズメバチには脅威を感じる。
Re: 奴はやってきた - 2013/09/16(Mon) 11:39 No.242
蜂撃退用のジェット噴射を吹きかけ、オオスズメバチが居なくなるのを見計らって
巣門から覗いてみると、ニホンミツバチは箱内に留まっていることが判明した。

てっきり巣箱を占拠されたものと思っていたが、直ぐに別の蜂場に移動して難を逃れた。

Re: 奴はやってきた - 2013/09/16(Mon) 11:45 No.242
翌日には多くのニホンミツバチが巣門に出て元気にしていた。
巣門にはオオスズメバチが齧った痕跡が残っている。

Re: 奴はやってきた - 2013/09/16(Mon) 15:54 No.242
ということで、他の巣箱が襲われないように、
奴には倍返しだ!(^^;)

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
里山カフェの借用蜂場
: 2013/09/03(Tue) 22:11


ここは自宅から15km離れた、里山カフェからお借りしている蜂場である。

県の家畜保健衛生所からミツバチの家畜伝染病の検査を実施するとの連絡が入ったので、
事前の様子見で訪れてみた。

何ヶ月ぶりだろう、久々に訪れたので草ボウボウである。
Re: 里山カフェの借用蜂場 - 2013/09/03(Tue) 22:18 No.238
検査に訪れた人が巣箱に近づけるよう、伸び放題の草を草刈り機で刈り取りった。
Re: 里山カフェの借用蜂場 - 2013/09/03(Tue) 22:26 No.238
この二年目群、天井に被せてあったスダレはボロボロ状態。
自然任せ・蜂任せの放任ではあるが、スムシに侵されることなく順調に自活していた。

Re: 里山カフェの借用蜂場 - 2013/09/03(Tue) 22:35 No.238
この群、新蜂が多く育っており、花粉もたくさん持ち帰っている。
貯蜜状態も満杯のようで、次回に採蜜することにして蜂場を後にした。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
はちみつ販売のディスプレイ
: 2013/09/01(Sun) 18:02


この土日は雨なので、野外で蜂のお世話ができない。

里山カフェのお店に「はちみつを置いて良いよ」というお話しを思い出し、
はちみつ販売のディスプレイを作ってみた。

忙しさにかまけて、蜂蜜のネット販売を止めてから随分経ってしまった。
試験的にお店に置かして頂こうかな、ふふっ(^^)
タイトル
投稿日
投稿者
参照先
2013盛夏
: 2013/08/17(Sat) 14:13


ゴーヤのグリーンカーテンで太陽光の遮蔽をしてみた。
Re: 2013盛夏 - 2013/08/17(Sat) 14:23 No.234
最近はキイロスズメバチが訪れるようになってきた。
短時間内に4匹のキイロスズメバチが熱殺されていた

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
異変の察知
: 2013/08/15(Thu) 00:13


先に投稿したNo.195は、前回帰省したときの様子。
巣門に蜂が溢れ出た状態。

この投稿写真は、今回帰省したときの様子。
巣箱全体が蜂に覆われて凄さが増している。
・巣門では蜂が風を送り込み
・働き蜂はセッセと集蜜に出掛け
・巣門下に蜂児が数匹落ちている。

この状態を見て異変と気づくのは、経験の成せる技。
Re: 異変の察知 - 2013/08/15(Thu) 00:30 No.224
巣箱内に異変が起きていると判断し対処することにした。

先ずは巣箱の外に取り付いている蜂を退かすことから始める。
空箱を準備し覆っている蜂を右側の箱に収めた。

Re: 異変の察知 - 2013/08/15(Thu) 00:49 No.224
底板を外すと、巣落ちが発生していた。
異変との判断は当たっていたようだ。

このところの猛暑で巣落ちしたものと思われる。
底板を取り替え、溢れ出た蜂の為に継箱も行った。

Re: 異変の察知 - 2013/08/15(Thu) 01:04 No.224
退避した蜂の箱と、元の巣箱を近づけると、
元巣に戻る行動をとっていたので、女王蜂は健在と思われる。

暗くなってきたので、全ての蜂が本巣に戻ったかは
明日確認することにした。

Re: 異変の察知 - 2013/08/15(Thu) 16:47 No.224
翌朝、退避した箱内を覗いてみた。
予定どおり全ての蜂が本巣に戻っていた。

Re: 異変の察知 - 2013/08/15(Thu) 16:59 No.224
この群は蜂数が多く、この暑さでは当分の間
蜂溢れの状態が続くであろう。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
’2013蜂場巡り
: 2013/07/28(Sun) 10:04


企業戦士の夏休み
時間がとれたので、久々に蜂場巡りをしてみた。
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:05 No.195
その2
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:06 No.195
その3
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:08 No.195
その4
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:09 No.195
その5
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:10 No.195
その6
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:11 No.195
その7
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:12 No.195
その8
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:13 No.195
その9
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:15 No.195
その10
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:16 No.195
その11
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:17 No.195
その12
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:19 No.195
その13
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:20 No.195
その14
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:22 No.195
その15
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:23 No.195
その16
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:24 No.195
その17
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:26 No.195
その18
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:27 No.195
その19
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:28 No.195
その20
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:29 No.195
その21
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:31 No.195
その22
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:32 No.195
その23
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:34 No.195
その24
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:36 No.195
その25
Re: ’2013蜂場巡り - 2013/07/28(Sun) 10:37 No.195
その26

以上、全部ではないが今回確認できたものを載せてみた。
蜂が溢れ出たもの、草木が伸びて出入りを邪魔しているもの、
群それぞれの環境でどれも順調に育っている。

Re: ’2013蜂場巡り - 2013/08/10(Sat) 13:37 No.195
その27

これは岐阜県の蜂場群

Re: ’2013蜂場巡り - 2013/08/10(Sat) 13:39 No.195
その28

これも岐阜県の蜂場群

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
2013年度採蜜
: 2013/06/23(Sun) 21:58


今日は3群ほど採蜜をした。
暑い中だと巣落ちの危険があるが、天気予報は曇りだったので急遽実施した。
当初は空梅雨だったので貯蜜が順調で、今年は良蜜が採れそうな予感だ。
Re: 2013年度採蜜 - 2013/06/23(Sun) 22:07 No.188
1年目群からは、採蜜を行わない。
理由は、花粉圏が混じって良蜜が採れないからだ。

今回採蜜した3群は、いずれも2年目群である。
写真は天板を切り取って開けた様子。
3群とも花粉も蜂児もスムシも一切混じらないパーフェクトな良蜜である。

Re: 2013年度採蜜 - 2013/06/23(Sun) 22:23 No.188
採蜜で天板を開けると巣門から蜂が溢れ出てくる。
1段切り取ったので4段から3段になった。
3段になっても持ち上げられない重さだが無用な採蜜は行わない。
自然の恵みを少しだけお裾分けしてもらう心で接する。

Re: 2013年度採蜜 - 2013/06/23(Sun) 22:36 No.188
この群も強群である。
先の群と同じで採蜜により蜂が溢れ出た。

採蜜の所要時間は10分程度。
溢れ出た蜂は時間の経過と共に巣箱に収まっていくので、
そのままにして蜂場を後にした。

Re: 2013年度採蜜 - 2013/06/23(Sun) 22:48 No.188
先ずは粗濾しで蜜を採る。
ポタリポタリと時間を掛けて採る垂れ蜜が最適である。

Re: 2013年度採蜜 - 2013/07/27(Sat) 23:24 No.188
今回の採蜜量は15kg、透明度の高い綺麗なハチミツが採れた。
この趣味を始めた十数年前に、口に蜜を含むと花の香りがフワァ〜と広がる蜂蜜が採れたことがある。
今回の蜜は透明度もさることながら、味も申し分ない。
十数年来求め続けていた蜂蜜に、ほぼ近いものが採れた。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
今年の捕獲群
: 2013/06/05(Wed) 20:16


蜂場が満杯状態なので、今年は本気で捕獲を行わなかったが、
来るもの拒まずで今年の捕獲数が20群を超えてしまった。

今年捕獲群、その1
Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:17 No.172
今年捕獲群、その2

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:19 No.172
今年捕獲群、その3

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:21 No.172
今年捕獲群、その4

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:22 No.172
今年捕獲群、その5

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:36 No.172
今年捕獲群、その6,7

家裏に積み上げてあった空箱にも飛来し、手前の重箱と三番目のキュウブ箱に入居している。

数日前には、この入居箱の間の空箱にも分蜂群が飛来し、大喧嘩が勃発していた。
2m内に3群ともなれば迷い蜂の死闘がでるのも致し方ないが、
夜に蜂を取り込み移動させたところ、翌日には働いていたので女王は健全であると思われる。

ということで、屋敷内には現在7群置いてあり、我が家はまさに蜂屋敷状態である^^;

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:42 No.172
今年捕獲群、その8
Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:47 No.172
今年捕獲群、その9
Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:49 No.172
今年捕獲群、その10

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:50 No.172
今年捕獲群、その11

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:51 No.172
今年捕獲群、その12

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:53 No.172
今年捕獲群、その13

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:55 No.172
今年捕獲群、その14

Re: 今年の捕獲群 - 2013/06/05(Wed) 20:57 No.172
今年捕獲群、その15

以上、全部ではないがデジカメで撮ったものを載せてみた。

タイトル
投稿日
投稿者
参照先
今年の蜂場事情
: 2013/04/20(Sat) 18:32


昨年来の蜂群は逃去も消滅も一切なく、全ての群が今年に引き継がれた。
その影響で今年は分蜂群を捕獲しても、置き場所が無い。
ということで、待ち箱やキンリョウヘンを使う捕獲は止めにした。

とは言ってもこの時期は狩人の血が騒いでしまう。
成すがまま、来るもの拒まずの姿勢で臨むことにする。

で、現在の捕獲数は、
・蜂場分蜂捕獲=6群
・自宅箱の入居=3群
・蜂場空箱入居=1群

ということで、いまのところ10群捕獲であるが、どこに移動するかが悩みである。
Re: 今年の蜂場事情 - 2013/04/22(Mon) 18:53 No.165
今日は二ヶ所で分封があり、各々の蜂場で1群と2群を捕獲した。

現在の捕獲数は、
・蜂場分蜂捕獲=9群
・自宅箱の入居=3群
・蜂場空箱入居=1群
      ----------
合計 13群 

Re: 今年の蜂場事情 - 2013/04/27(Sat) 23:47 No.165
日中は暖かく、今日は分封日和であった。
今日の捕獲は自宅に1群、自宅近くにも1群蜂球をつくった。
現在の捕獲数は、
・蜂場分蜂捕獲=9群
・自宅箱の入居=4群
・蜂場空箱入居=1群
・自宅付近蜂球=1群
      ----------
合計 15群

Page: | 1 | 2 |

- Joyful Note -